こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1342019-12-16 13:00 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/di.2017.0000016166

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
k656 pdf  440. KB  49 要旨
zk656 pdf  44.0 MB  405

論文情報


データ種別:学位論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 17523
JaLC DOI 10.14988/di.2017.0000016166
タイトル 数理的アプローチからの言語変化と外言語的要素との関わりに関する研究
タイトル(ヨミ) スウリテキ アプローチ カラノ ゲンゴ ヘンカ ト ガイゲンゴテキ ヨウソ トノ カカワリ ニカンスル ケンキュウ
著者 小野原, 彩香
著者(ヨミ) オノハラ, アヤカ
著者(その他) Onohara, Ayaka
所属 文化情報学研究科
刊行年月日 2013-03-22
学位種別 課程博士
学位名 博士(文化情報学)
学位記番号 甲 第656号
学位授与機関 同志社大学
学位授与年月日 2014-03-22
抄録 言語変化の原因については、比較言語学や言語地理学双方の立場から、様々な議論がなされてきたが、この問題に対し、変化の原因と変化の結果という関係を多変量的に捉えて知見を得る方法は、十分な議論があるとはいえない。そこで本研究では、これまでの言語変化の議論を踏まえつつ、具体的な事例について、系統推定や重回帰分析、対応分析といった数理的な手法を用いて多変量的な分析を行い、言語変化の原因や原因別の変化の特徴を明らかにした。
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 文化情報学研究科
原本所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB12854565/?lang=0