こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:4272020-08-09 17:52 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/di.2017.0000016160

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
k650 pdf  552. KB  164 要旨
zk650 pdf  5.41 MB  6,654

論文情報


データ種別:学位論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 17517
JaLC DOI 10.14988/di.2017.0000016160
タイトル 地域の文化政策における旅行者の役割に関する研究
タイトル(ヨミ) チイキ ノ ブンカ セイサク ニオケル リョコウシャ ノ ヤクワリ ニカンスル ケンキュウ
タイトル(その他) Study on the role of tourists in local cultural policy
著者 片山, 明久
著者(ヨミ) カタヤマ, アキヒサ
著者(その他) Katayama, Akihisa
所属 総合政策科学研究科
刊行年月日 2014-03-21
学位種別 課程博士
学位名 博士(政策科学)
学位記番号 甲 第650号
学位授与機関 同志社大学
学位授与年月日 2014-03-21
抄録 本研究は、今日の日本の地域文化における問題を情報社会の観光や旅行者と関連付けて考察し、解決の可能性を探るものである。考察の対象としては、最も情報化された旅行者であるアニメ聖地巡礼者に注目し、アニメ聖地5カ所を事例に採り上げた。結論として、旅行者は地域文化の担い手と共感者という2つの役割を果たし得ることを論証し、旅行者が関与する地域文化の活性化モデルを図式化した。
This paper analyzes the relationship between local residents and tourists in an information oriented society. In this analysis, the author tries to clarify the role tourists play in cultural policy. the author makes a study of 5 cities, a location in the animation. The author presents evidence for the relationship between local culture and tourists, based on the model for tourism motivated by the animation. Finally, the author concludes that tourists in an information oriented society can be a person who sympathize for local culture, and also can be the main constituent of culture policy in a local society.
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 総合政策科学研究科
原本所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB12863990/?lang=0