こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:492017-09-24 23:17 集計


閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
023056010007 pdf  1.37 MB  124

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 16940
タイトル 照明と照度センサの配置図を用いた知的照明システムの検証
タイトル(ヨミ) ショウメイ ト ショウド センサ ノ ハイチズ オ モチイタ チテキ ショウメイ システム ノ ケンショウ
タイトル(その他) Verification of an intelligent lighting system using the layout drawing of lightings and illuminance sensors
著者 上南, 遼平
三木, 光範
町田, 啓悟
川田, 直毅
間, 博人
著者(ヨミ) ジョウナン, リョウヘイ
ミキ, ミツノリ
マチダ, ケイゴ
カワタ, ナオキ
アイダ, ヒロト
著者(その他) Jonan, Ryohei
Miki, Mitsunori
Machida, Keigo
Kawata, Naoki
Aida, Hiroto
所属 上南, 遼平 / Graduate School of Science and Engineering, Doshisha University
三木, 光範 / Department of Science and Engineering, Doshisha University
町田, 啓悟 / Graduate School of Science and Engineering, Doshisha University
川田, 直毅 / Graduate School of Science and Engineering, Doshisha University
間, 博人 / Department of Science and Engineering, Doshisha University
刊行物名 同志社大学ハリス理化学研究報告
The Harris science review of Doshisha University
56
1
開始ページ 48
終了ページ 55
刊行年月日 2015-04-30
内容記述 著者らはオフィスにおいて各執務者に個別の明るさを提供する知的照明システムの研究、開発を行っている。知的照明システムは、照明が照度センサの照度に及ぼす影響度合い(以下、照度/光度影響度係数)を導入先オフィスで事前に計測し、その値を用いて適切に照明光度を変化させる。しかし、照度/光度影響度係数の計測は知的照明システムの普及における障害である。また、頻繁に照度/光度影響度係数の計測を行うことはできない。本稿では、照度/光度影響度係数ではなく、照明と照度センサの配置図を基に照明光度を適切に変化させる手法を提案する。オフィスにおける照度/光度影響度係数の計測の必要をなくし、知的照明システムの導入容易性向上を狙う。検証実験を行い、本提案手法を用いたシステム制御の有効性を示した。
The authors have conducted research and development of an Intelligent Lighting System to realize individual illuminance environment in an office for each office worker. In the Intelligent Lighting System, we first measure an influence factor of luminance against illuminance measured by illuminance sensors (illuminance/luminance influence factor) at the installation office, and the system properly changes the lighting's luminance by using the factor. However, the measurement of the illuminance/luminance influence factor is obstacle to disseminate the Intelligent Lighting System. Moreover, repeated measurements of the illuminance/luminance influence factor are not practical. In this paper, we proposed a method to change the lighting's luminance properly based on a layout plan of the lightings and illuminance sensors by without using the illuminance/luminance influence factor. Using the proposed method, the measurement of illuminance/luminance influence factor in the office would not be required, which allows easier installation of the Intelligent Lighting System. We also confirmed the effectiveness of the proposed method by a verification experiment in this study.
主題 照明制御, Lighting control
最適化, optimization
オフィス, office
省エネルギー, energy saving
日本十進分類法 545
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社大学ハリス理化学研究報告
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12902196/?lang=0