こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1542017-09-24 23:18 集計


閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
023056010002 pdf  1.46 MB  113

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 16935
タイトル タスクアンビエント照明方式を導入した知的照明システムの基本的検証
タイトル(ヨミ) タスク アンビエント ショウメイ ホウシキ オ ドウニュウシタ チテキ ショウメイ システム ノ キホンテキ ケンショウ
タイトル(その他) Basic validation of intelligent lighting system with task ambient lighting system
著者 三木, 光範
松下, 昌平
町田, 啓悟
伊藤, 克也
間, 博人
著者(ヨミ) ミキ, ミツノリ
マツシタ, ショウヘイ
マチダ, ケイゴ
イトウ, カツヤ
アイダ, ヒロト
著者(その他) Miki, Mitsunori
Matsushita, Shohei
Machida, Keigo
Ito, Katsuya
Aida, Hiroto
所属 三木, 光範 / Department of Science and Engineering, Doshisha University
松下, 昌平 / Graduate School of Science and Engineering, Doshisha University
町田, 啓悟 / Graduate School of Science and Engineering, Doshisha University
伊藤, 克也 / Graduate School of Science and Engineering, Doshisha University
間, 博人 / Department of Science and Engineering, Doshisha University
刊行物名 同志社大学ハリス理化学研究報告
The Harris science review of Doshisha University
56
1
開始ページ 7
終了ページ 14
刊行年月日 2015-04-30
内容記述 我々はオフィスにおける各執務者に対して個別照度を実現する知的照明システムの研究・開発を行っている。知的照明システムは現在、東京都内の複数の実オフィスで実証実験が行われている。しかし、現在実証実験に用いられている知的照明システムでは、各執務者の要求する照度(目標照度)が物理的に実現不可能である場合が存在する。そこで本稿では、照射角度の狭いタスクライトと室内全体を照らすアンビエント照明を併用し、タスクライトの光度を最適化することで、これまで実現できなかった執務者の目標照度が実現可能か検証する。
We research and develop an Intelligent Lighting System to realize individual illuminance for each person in an office. Currently, the Intelligent Lighting System is field-tested in real offices in Tokyo. However, the conventional Intelligent Lighting System may not be able to achieve optimal illuminance required by each worker under some physical constraints. Therefore, in this paper, by a combination of ambient lighting and the task light, with varying light intensity, we investigate whether it is possible to achieve the target illuminance under such physical constraints.
主題 照明制御, lighting control
最適化, optimization
オフィス, office
省エネルギー, energy saving
日本十進分類法 545
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社大学ハリス理化学研究報告
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12902196/?lang=0