こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:422020-04-01 08:44 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000013918

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
052000040003 pdf  522. KB  511

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 16821
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000013918
タイトル "The Clerk's Tale"(14世紀英国詩人 Geoffrey Chaucer 作)の原典研究
タイトル(ヨミ) "The Clerk's Tale"(14セイキ エイコク シジン Geoffrey Chaucer サク)ノ ゲンテン ケンキュウ
タイトル(その他) "ザ クラークス テイル" (14セイキ エイコク シジン ジェフリー チョーサー サク) ノ ゲンテン ケンキュウ
A literary comparison between Chaucer's "The Clerk's Tale" and its Latin and French originals
著者 井田, 琇穂
著者(ヨミ) イダ, ヒデホ
著者(その他) Ida, Hideho
所属 同志社大学グローバル地域文化学部教授
刊行物名 GR-同志社大学グローバル地域文化学会紀要
Doshisha Global and Regional Studies Review
4
開始ページ 45
終了ページ 65
刊行年月日 2015-03-25
内容記述 研究ノート(Note)
本論では、"The Clerk's Tale"とPetrarch、フランス語版との内容の比較を行い、結果的には、作者Chaucerの独自な工夫(The Canterbury Tales全体の内容面と語り手の行う語りの面での)を考察する。Clerkは、Wife of Bathを意識し、"gentilesse (= gentility)"と結婚における支配権の問題を盛り込んだ物語を語った。原典のPetrarchとフランス語版で扱われている内容を語り手は拡大し、ある点では縮小、または省略し、独自に加筆している。Clerkは、身分は低くとも、道徳的に立派な人間Griseldaを聞き手(読者)に提供し、原典(Petrarchとフランス語版)をより強く劇的にしていると言いうる。
I compared Geoffrey Chaucer's "The Clerk's Tale" with its originals (Petrarch's Latin version and an anonymous French version). From this comparison I got the following points: 1 The Clerk opposed the Wife of Bath by selecting a tale which contained the subject "gentilesse" (= gentility). 2 The Clerk criticized Walter's sadistic attitude toward Griselda. The originals did not have this criticism against Walter. 3 The Clerk selected a tale in which a husband governed his wife. We have to remember the fact that the Wife of Bath wanted to govern her husbands. In this respect we found a contrast in The Canterbury Tales between the Clerk and the Wife of Bath.
主題 gentilesse
antifeminism
narrator
author
日本十進分類法 931.4
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ GR-同志社大学グローバル地域文化学会紀要
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12670105/?lang=0