こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1262020-04-07 01:31 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000013917

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
052000040002 pdf  703. KB  315

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 16820
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000013917
タイトル マラルメ詩学における知覚の位相(前篇) : 1870年代芸術論における«vision»の概念を中心に
タイトル(ヨミ) マラルメ シガク ニオケル チカク ノ イソウ(ゼンペン) : 1870ネンダイ ゲイジュツロン ニオケル«ヴィジョン»ノ ガイネン オ チュウシン ニ
タイトル(その他) The aspect of perception in Mallarme's poetics (part I) : the notion of "Vision" in his writings on the visual arts during the 1870s.
Le statut de la perception dans l'évolution de la poétique mallarméenne (I) : autour de la «vision» dans ses textes dans les années 1870 sur les arts plastiques
著者 宮嵜, 克裕
著者(ヨミ) ミヤザキ, カツヒロ
著者(その他) Miyazaki, Katsuhiro
所属 同志社大学グローバル地域文化学部助教
刊行物名 GR-同志社大学グローバル地域文化学会紀要
Doshisha Global and Regional Studies Review
4
開始ページ 15
終了ページ 43
刊行年月日 2015-03-25
内容記述 論文(Article)
本研究は,晩年のマラルメ定型詩論における韻文概念において知覚がいかなる役割を演じたかという問題を解明することを目的とする.その前半部分である本稿では,まず1870年代の詩人の視覚芸術論を再検討し,とりわけ1872年ロンドン万博報告記事と1874年・1876年のマネ論における詩人の《ヴィジョン》概念の分析を通して,これまで指摘されることのなかった当時の詩人の美学における「自然」・「典型」・「様相」の概念間の関係性を明らかにする.
Cet article propose une réflexion sur la notion de «vision» chez Mallarmé, à partir de l'analyse de ses textes parus dans les années 1870 sur l'Exposition internationale de Londres et sur Édouard Manet. L'élucidation de cette notion nous permettra de savoir non seulement quel statut la perception a occupé dans l'esthétique de Mallarmé à l'époque, mais aussi quel rôle celle-ci aura joué, à partir du milieu des années 1880, dans sa conception du vers régulier. Pour cela, nous éclaircirons tout d'abord la relation entre la «vision» et les «notions exactes et générales», que le poète voit dans les objets d'art à l'Exposition internationale de Londres de 1872. Nous examinerons ensuite la pluralité du regard de Manet que le poète découvre dans les tableaux du peintre, par rapport au public du Salon. Nous mettrons enfin en relief l'approfondissement de cette notion de «vision» chez le poète, à travers l'analyse des conceptions des «types», de la «Nature» et de l' «Aspect» dans son texte de 1876, «The Impressionists and Édouard Manet».
主題 Mallarmé
Manet
vision
perception
impressionism
日本十進分類法 951.6
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ GR-同志社大学グローバル地域文化学会紀要
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12670105/?lang=0