こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1382019-12-08 10:46 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000013184

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
045000040003 pdf  546. KB  321

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15956
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000013184
タイトル 大学の観光教育におけるPBLの位置づけと活用 : 「共歓」という視座の可能性
タイトル(ヨミ) ダイガク ノ カンコウ キョウイク ニオケル PBL ノ イチズケ ト カツヨウ : 「キョウカン」トイウ シザ ノ カノウセイ
タイトル(その他) 大学の観光教育におけるPBLの位置づけと活用 : 共歓という視座の可能性
著者 中島, 智
井口, 貢
著者(ヨミ) ナカジマ, トモ
イグチ, ミツグ
所属 中島, 智 / 同志社大学総合政策科学研究科博士後期課程
井口, 貢 / 同志社大学政策学部
刊行物名 同志社大学学習支援・教育開発センター年報
Doshisha University annual report of Center for Learning Support and Faculty Development
4
開始ページ 21
終了ページ 32
刊行年月日 2013-06-28
内容記述 実践報告
大学における観光教育への関心が高まって久しい。にもかかわらず、その教育理念や具体的な手法に関する検討は不十分である。本稿では、大学の観光教育におけるPBL(Project Based Learning)の位置づけとその活用のあり方を、政策学教育の観点から「共歓」概念を導入して論じる。その際に事例として、同志社大学(政策学部・総合政策科学研究科)井口貢研究室が2012年度より進めている近江八幡市旧市街におけるフィールドワークを紹介しながら説明する。
日本十進分類法 377.15
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社大学学習支援・教育開発センター年報
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12915380/?lang=0