こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:6332019-12-16 17:49 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/re.2017.0000015657

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
050000040003 pdf  737. KB  284

論文情報


データ種別:研究センター報告書

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15901
JaLC DOI 10.14988/re.2017.0000015657
タイトル Religious reforms in occupied Japan : GHQ's struggle with the principle of religious freedom
タイトル(その他) 占領期日本における宗教改革 : 占領軍による宗教の自由との苦闘
センリョウキ ニホン ニオケル シュウキョウ カイカク : センリョウグン ニヨル シュウキョウ ノ ジユウ トノ クトウ
著者 Ikehata, Chikako
著者(ヨミ) イケハタ, チカコ
著者(その他) 池端, 千賀子
所属 同志社大学大学院グローバルスタディーズ研究科博士後期課程
刊行物名 一神教世界
The world of monotheistic religions
4
開始ページ 30
終了ページ 44
刊行年月日 2013-03-31
内容記述 占領期において、アメリカ占領軍は日本を民主化するという目的のもと、宗教の分野においても多くの改革を行った。占領軍は、日本を民主化するためには、神道から超国家主義や軍国主義を取り除かねばならないと考えた。国務省は、占領期以前には神道は国家主義と密接に結びついており危険であるとの認識を持っていたが、占領が始まって後は神道自体を取り除くことはせず、神道から危険な思想のみを取り除き、一宗教として存続させることを選択した。一方で、日本人に民主主義の精神を吹き込もうとキリスト教を様々な形で援助する個人もあらわれたが、占領軍が公的にキリスト教を援助したわけではなかった。日本における占領軍の宗教改革は、行き過ぎた介入であったもしくは十分ではなかったとしばしば両方の面から批判されるが、占領軍が最も大切にしたことは、宗教の自由の実現であり、神道を破壊したりキリスト教を布教したりすることではなかった。ほとんどの日本人でさえ神道とは何かを理解していなかった戦後の日本において、占領軍は、宗教の自由という原則の実現に苦悩していた。その改革の弱点は、占領軍の原則への献身の表れであるとみることができる。神道理解を見直す最近の研究から鑑みても、神道の占領軍の宗教改革は、より肯定的に見直すべきである。
During the American occupation of Japan, GHQ executed many reforms in Japanese religious life aiming at democratizing the country. In order to achieve the democratization of Japan, GHQ attempted to realize religious freedom by removing ultra-nationalism and militarism from Shinto. While some early documents of the State Department pointed out that Shinto itself was closely related to nationalism and therefore dangerous, GHQ did not eradicate Shinto but preserved it as a religion. In the meantime, some individuals within GHQ supported Christianity hoping to plant the spirit of democracy in the mind of Japanese, although it was not the official policy of the occupation. While its reforms are often criticized as too much or too little, what GHQ valued most was to achieve the principle of religious freedom in Japan, not to destroy Shinto or to Christianize Japan. During the occupation, GHQ was struggling to realize freedom of religion when most of the Japanese are largely ignorant of their own religion. Even the shortcomings of GHQ's religious reforms stem from its commitment to the principle of religious freedom. In view of the new understanding of Shinto in the recent studies, GHQ's religious reforms should be evaluated more positively.
主題 占領
宗教の自由
政教分離
神道
キリスト教
Occupation
Freedom of Religion
Separation of Church and State
Shinto
Christianity
日本十進分類法 210.76
本文言語 English (英語)
カテゴリ 一神教世界
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10356002/?lang=0