こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:602019-12-11 19:02 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/re.2017.0000015655

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
050000040001 pdf  684. KB  40

論文情報


データ種別:研究センター報告書

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15899
JaLC DOI 10.14988/re.2017.0000015655
タイトル 「メアム・ロエズ」研究序説 : 書名考
タイトル(ヨミ) 「メアム・ロエズ」ケンキュウ ジョセツ : ショメイコウ
タイトル(その他) メアムロエズ研究序説 : 書名考
An examination of the title “Me'am Lo'ez" by Rabbi Yaakov Khuli (1689-1732)
著者 辻, 圭秋
著者(ヨミ) ツジ, ヨシアキ
著者(その他) Tsuji, Yoshiaki
所属 同志社大学大学院神学研究科博士後期課程
刊行物名 一神教世界
The world of monotheistic religions
4
開始ページ 1
終了ページ 13
刊行年月日 2013-03-31
内容記述 1730 年からイスタンブルで出版され始めた「メアム・ロエズ」という一連の作品は、疑い無くユダヤ・スペイン語文学史上最も重要で、成功した作品である。それにも拘らず、この作品(群)は今まで十分に研究されてきたとは言い難く、そのことに関しては日本国内のみならず、ユダヤ人研究者の間でも同様である。本論文では、「序説」と題し、「メアム・ロエズ」に関する基本的な事柄について記述した後、従来の研究において十分に扱われてこなかった「書名」の問題を扱う。「メアム・ロエズ」という句は詩篇114 篇1 節から採用されているが、『メアム・ロエズ創世記』に附された序文等から書名の由来を、(1)ヘブライ語以外の「異国の言葉」で書かれたこと、(2)出版助成の篤志家に対する賛美、(3)「ヤコブの家」=「ヘブライ語を解さない集団」に向けて書かれたこと、($)同じ114 篇に著者の名前を暗示する節があること、の4 つに分けて考察、さらにもう1 つを今後の研究課題として指摘する。
Me'am Lo'ez, first published in Istanbul (Constantinople) in 1730, is undoubtedly the most important and successful literary work in the history of Judeo-Spanish literature. Nevertheless, this monumental masterpiece has been largely neglected, not only in Japan but also among Jewish scholars. In this article, I offer some basic facts on the work and examine the title of the book “Me'am Lo'ez," which is taken from the verse Psalms 114: 1; “When Israel went out of Egypt, the house of Jacob from a people (Me'am) of strange language (Lo'ez)." I identify four characteristics of the work that establish its status as a classic. The first characteristic is that it was written in colloquial Judeo-Spanish (Ladino), not Hebrew, the eternal sacred language for Jews. That's why it suits for the verse “a people of strange language". The second characteristic relates to the philanthropist Yehuda (Judah) Mizrachi, who offered economic assistance for publishing the book “Me'am Lo'ez Bereshit." Since the words “Me'am Lo'ez" follow the verse psalms 114: 2; “Judah was his sanctuary, and Israel his dominion," the author quoted these two verses (Psalms 114: 1-2), turning its original meaning into the praise for Yehuda Mizrachi. The third characteristic has to do with the words “Bet Yaakov," which precede the words “Me'am Lo'ez" in the verse of the psalms 114: 1, and implies in Jewish tradition “Jewish women," consequently “illiterates of Hebrew" in this context. The fourth one is associated with the verse of psalms 114: 7; “Tremble (Huli), thou earth, at the presence of the Lord, at the presence of the God of Jacob." The first word “Tremble (Huli)" has similar sound to the author's family name Khuli. Moreover, this article points out that there is yet another distinguishing characteristic of Me'am Lo'ez, which is the work's relationship with Yaakov Khuli's maternal lineage, the family of Ibn Haviv. Yaakov Ibn Haviv who wrote famous Aggadah anthology “En Yaakov" is of that lineage.
主題 メアム・ロエズ, Me'am Lo'ez
ユダヤ・スペイン語文学, Judeo-Spanish Literature
セファラディーム, Sephardim
聖書註解, Biblical Interpretation
アンソロジー, Anthology
日本十進分類法 199
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 一神教世界
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10356002/?lang=0