こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1172019-12-13 15:41 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/re.2017.0000015653

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
050000030002 pdf  715. KB  203

論文情報


データ種別:研究センター報告書

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15555
JaLC DOI 10.14988/re.2017.0000015653
タイトル 日本組合教会の朝鮮伝道における一考察 : 渡瀬常吉の初期朝鮮伝道を中心に
タイトル(ヨミ) ニホン クミアイ キョウカイ ノ チョウセン デンドウ ニオケル イチコウサツ : ワタセ ツネヨシ ノ ショキ チョウセン デンドウ オ チュウシン ニ
タイトル(その他) An inquiry into Kumiai Kyōkai in the Korea Mission : focusing on Watase Tsuneyoshi's first mission period
著者 裵, 貴得
著者(ヨミ) ペ, ギトク
著者(その他) Bae, Gwei-Deuk
所属 立命館大学大学院文学研究科博士後期課程
刊行物名 一神教世界
The world of monotheistic religions
3
開始ページ 14
終了ページ 30
刊行年月日 2012-03-31
内容記述 1911 年から朝鮮伝道を開始した日本組合教会の渡瀬常吉は、当初京城と平壌を中心に伝道活動を行っていたものの、なかなか信者が増えないことに悩んでいた。そのなか、1910 年に反宣教師・反教権を提唱しつつ、長老派から独立を図っていた自由派の車学淵と出会う。その後渡瀬の朝鮮伝道はこの自由派の参加に支えられることで、教勢を伸ばしていくこととなる。独立教会の日本組合教会への加入は、渡瀬の朝鮮伝道における伝道方針を大きく変え、ついに朝鮮教化という名目で「国民的運動」を訴えることとなる。渡瀬は朝鮮の教化活動について、それを自らの純粋なキリスト教信仰に基づくものとして、朝鮮民族と帝国日本のために行ったとしている。これまでの日韓キリスト教関係史では渡瀬ら日本人の朝鮮伝道が日本帝国主義にどの程度加担、もしくは抵抗していたかのみで評価されてきた。だが、ここで問われるべき問題は渡瀬の主観的な意図ではない。渡瀬が純粋な信仰に基づく行いであると信じていた宣教活動それ自体の歴史性とそれが内包する同時代的・今日的意味が何であるかである。
Watase Tsuneyoshi, as a member of the Japan Kumiai Kyōkai, initiated the Japanese missionary effort in Korea from 1911. However, he despaired over the fact that the number of converts had stagnated despite his missionary efforts in Kyeongseong(京城) and in Pyeongyang(平壌). Prior to his missionary efforts, he conferred with the liberal faction(jiyuuha,自由派)that in 1910 had taken a position against the American missionaries and their privileges. The liberal faction at the time referred to the Liberal Church(jiyuu kyoukai,自由教会)of Choi Joong jin(崔重珍), that had gained independence from the Presbyterians in the midst of problems concerning American missionaries and their qualification to grant baptisms in the region of Jeollabuk-do(全羅北道). The clash between the Liberal Church of Choi Joong jin and the American missionaries centered around discrepancies in the meaning of the rites and the traditional Korean practice of concubinage(chikushou, 蓄妾). From then on, Watase's Korean mission was supported by the Independent Church of the liberal faction. In this way, the number of churches and converts grew. In other words, the inclusion of the Independent Church greatly transformed the direction of Watase's Korean mission. Eventually, under the banner of “Educating Korea," his movement was advocated as a “National Movement." Furthermore, Watase's education of Korea was said to be completely founded on his Christian faith. Using his faith, he carried out the Korean mission both for the sake of the Korean people and for Japan's imperial efforts. However, there is an issue which warrants mention here. Watase's missionary activities must be analyzed both from a subjective point of view and from an objective point of view, keeping in mind the context of the prevailing ethos of his day as well as the vantage point of the present.
主題 日本組合教会, Kumiai Kyokai
渡瀬常吉, Watase Tsuneyoshi
朝鮮伝道, Korea Mission
自由教会, The Liberal Church
国民的運動, National Movement
日本十進分類法 198.5
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 一神教世界
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10356002/?lang=0