こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:2082019-12-16 12:35 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/re.2017.0000015649

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
050000020004 pdf  826. KB  356

論文情報


データ種別:研究センター報告書

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15551
JaLC DOI 10.14988/re.2017.0000015649
タイトル 「心理学主義化」する新新宗教の教説 : GLA を事例に
タイトル(ヨミ) 「シンリ シュギカ」スル シン シンシュウキョウ ノ キョウセツ : GLA オ ジレイ ニ
タイトル(その他) 心理学主義化する新新宗教の教説 : GLA を事例に
The “Psychologized" doctrines of a neo new religion : the case of God Light Association.
著者 渡邉, 典子
著者(ヨミ) ワタナベ, ノリコ
著者(その他) Watanabe, Noriko
所属 立教大学大学院社会学研究科
刊行物名 一神教世界
The world of monotheistic religions
2
開始ページ 43
終了ページ 59
刊行年月日 2011-03-31
内容記述 1970 年代の日本の新新宗教ブームを牽引したGLA(God Light Association)総合本部の二代目の教祖高橋佳子は会員に「ミカエル」1 と信じられており、会員にカウンセリング的なふりかえり(「神理」という教えの実践)技法やスピリチュアルなターミナルケア2 を提供している。現代のGLA 会員の活動からは、個人化・グローバル化社会で競争を強いられている人々や、感情労働3 を求められるサーヴィス業の人々に支持されるようなスピリチュアルな「心の技法」が見出せる。この「心の技法」へのニーズにより、刺激反応図式の古典的パラダイムの主体が刺激に反応する受動的な存在であったことに対し、現代の主体とは、自己の行動をコントロールする能動的な存在であることを示し、そこに至る心身管理の自己責任性の重視を考察する。そして、GLA の神観、初代教祖高橋信次や弟子らのチャネリング4、瞑想や座禅などの「心の技法」を題材に、後期資本主義時代の新新宗教の教説の「心理主義化」傾向を分析する
Keiko TAKAHASHI, the present leader of God Light Association (GLA), one of the Japanese neo new religious movements from the 1970's, is called as “Mikhail" by members, and she offers terminal care for members, which is a kind of spiritual counseling. We can observe from GLA activities a desire for “the technique of the heart" by the people in the service industry doing emotional labor, and they are forced to compete in individualized and globalized society. By analyzing the technique of the heart, it is argued that the old modern self was just a passive actor who behaves in response to external stimulation, and that today's self should actively control his or her own behavior with the emphasis on self-responsibility. Also, from the view point of GLA's God image, channeling by the founder Shinzi TAKAHASHI and his disciples, and Zen meditation, doctrines of neo new religions in the late capitalism are fairly “psychologized".
主題 心の技法
新新宗教
カウンセリング
自己責任
心理主義化
The technique of the heart
Neo New religious movements
Counseling
Self-responsibility
Master of psychology justification
日本十進分類法 169.1
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 一神教世界
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10356002/?lang=0