こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:2162019-12-16 12:41 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/re.2017.0000015648

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
050000020003 pdf  812. KB  396

論文情報


データ種別:研究センター報告書

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15550
JaLC DOI 10.14988/re.2017.0000015648
タイトル 西洋のスーフィズム認識に見る諸問題 : 宗教と近代を巡る言説の変遷を通して
タイトル(ヨミ) セイヨウ ノ スーフィズム ニンシキ ニ ミル ショモンダイ : シュウキョウ ト キンダイ オ メグル ゲンセツ ノ ヘンセン オ トオシテ
タイトル(その他) “Critiques of the Western views on Sufism : through the transition of the Western discourses on religion and the modern"
著者 高尾, 賢一郎
著者(ヨミ) タカオ, ケンイチロウ
著者(その他) Takao, Kenichiro
所属 同志社大学大学院神学研究科
刊行物名 一神教世界
The world of monotheistic religions
2
開始ページ 30
終了ページ 42
刊行年月日 2011-03-31
内容記述 本稿の目的は、近年の西洋の研究におけるスーフィズム(イスラーム神秘主義)についての認識を取り上げ、そこに見られる問題点を、西洋における近代と宗教との関係を巡る言説の変遷を参照しつつ明らかにすることである。具体的には、近代以降のイスラーム世界において「脱中世」的イスラーム思想と「脱イスラーム」的世俗主義に対し守勢に立つスーフィズムが、一方で西洋の研究においてはポスト世俗化の宗教形態として注目を浴びている今日の言説状況を整理し、その西洋のスーフィズム認識と西洋世界を中心とした宗教と近代を巡る言説の変遷との平行関係を検討する。そしてスーフィズムを「原理主義的でない」、「世俗化した」イスラームの形態であり、現代西洋社会に親和的な存在であるとして好評価する西洋の認識の潮流を、そこに見られる用語の意味破綻と期待の認識論的誤謬の点から批判する。それを経て本稿は、今日見られる西洋によるスーフィズムへの好評価がイスラモフォビア(イスラーム恐怖症、嫌悪)と密接な関係を持つものであり、さらにはそのイスラモフォビアを覆い隠す恣意的な宗教言説として捉えうると結論付ける。
This paper aims to explore, through the reference to transition of the Western discourses on religion and modernity, the issue found in the recent researches of the West on Sufism (Islamic mysticism). Sufism in the context of Islamic modern is often defined to have lost its organizational and ideological influences to Muslim society. On the other hand, the recent Western researches tend to reevaluate Sufism focusing on its diverse and heavyweight roles. I review these recent trends of the Western discourses which regard Sufism as a spiritual alternative of Islam, and point out the parallel condition of this type of Sufi discourses with religious discourses in postmodern context. Then, I criticize incoherence of terms and epistemological errors of expectations confirmed in which the Western researches express that Sufism is non-`fundamental', `secularized' form of Islam, therefore that it must have affinities with the modern Western society. At last, I note a linkage between Sufi discourses and Islamophobia. As a result, this paper concludes that to evaluate Sufism in the Western context today could play a role in excusing, rather in camouflaging the Western Islamophobia.
主題 イスラモフォビア(イスラーム恐怖症、嫌悪)
原理主義
宗教研究
世俗化
スピリチュアリティ
Islamophobia (Phobia about or Aversion to Islam)
Fundamentalism
Study of Religion
Secularization
Spirituality
日本十進分類法 167.8
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 一神教世界
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10356002/?lang=0