こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:762019-12-10 02:09 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/re.2017.0000015646

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
050000020001 pdf  816. KB  81

論文情報


データ種別:研究センター報告書

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15548
JaLC DOI 10.14988/re.2017.0000015646
タイトル 現代における「イスラーム」の語用論 : 入信体験の語りに見る動名詞的イスラームへの回帰
タイトル(ヨミ) ゲンダイ ニオケル「イスラーム」ノ ゴヨウロン : ニュウシン タイケン ノ カタリ ニ ミル ドウメイシテキ イスラーム エノ カイキ
タイトル(その他) 現代におけるイスラームの語用論 : 入信体験の語りに見る動名詞的イスラームへの回帰
The contemporary usage of “Islam" : a shift toward “islām as gerund" in the conversion stories
著者 松山, 洋平
著者(ヨミ) マツヤマ, ヨウヘイ
著者(その他) Matsuyama, Yohei
所属 東京外国語大学大学院総合国際学研究科・日本学術振興会特別研究員(DC)
刊行物名 一神教世界
The world of monotheistic religions
2
開始ページ 1
終了ページ 14
刊行年月日 2011-03-31
内容記述 本稿の目的は、現代において「イスラーム」という言葉の意味が、近代化以降支配的であった「固有名詞的」なものから「動名詞的」なものへと回帰していることを示す兆候を指摘することである。つまり、昨今において、制度的宗教あるいは体系化された教義としての「イスラーム」に代わり、個人的な「服従・帰依の経験、態度」としての「イスラーム」の使用頻度が高まりつつある。この傾向を示す顕著な事例のひとつに、改宗ムスリムによる「入信記」の語りの増加がある。彼らは、聖典テキストへのアクセス能力を持たず、「固有名詞的イスラーム」を語りえない一介の信徒に過ぎない。しかし彼らは、自らの入信の語りが異教徒に対して「真実=イスラーム」を伝達すると信じている。それは、彼らが「イスラーム」という概念を、体系化された教えとしての固有名詞的なものではなく、個人的な体験の名称として認識していることを意味する。この現象は、信徒が「小さな物語」の中においてのみ自己の信仰を認知する、ポストモダン的な事象として認識することが可能である。
This paper discusses how the contemporary meaning of the term “islām" is shifting from “islām as a proper noun" toward “islām as a gerund." The discussion is based on narratives by Muslims who converted to Islam, particularly those on records of Japanese who became Muslims. The author uses the phrase “islām as a proper noun" to refer to Islam as an institutionalized system, whereas the phrase “islām as gerund" to refer to a private attitude of submission to God maintained by each believer. During the founding period of Islam, these two dimensions of islām were not wholly separate. Through a period of extensive modernization, however, “islām as a proper noun" achieved the dominant position as proper usage, largely through an urgent need to define “the religious" as a domain separate from the territory and authority of secular nation-states. Although the modern usage of islām has leaned toward use as a proper noun, an increasing number of Muslims today use the word to describe a private attitude of submission. This trend is conspicuous in an abundance of conversion stories and among new Muslims who narrate their life stories in mass media for the purpose of da'wah (propagation) testifying to the truth of “Islam." It must be noted that most of these conversion narratives are from lay persons who have little access to religious texts or knowledge of scholars' tenets. However, they believe that the Truth or “Islam" can be conveyed to non Muslims through narration of their private experiences and feelings, not by detailing the creed of Islam. From this, it will be seen that Muslims today increasingly speak of islām as an individual attitude of submission rather than an institutionalized system.
主題 イスラーム, islām
オブジェクト化, objectification
入信, conversion
真理, truth
小さな物語, macro-narrative
日本十進分類法 167.1
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 一神教世界
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10356002/?lang=0