こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:522019-12-10 02:04 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/re.2017.0000015642

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
050000010006 pdf  878. KB  184

論文情報


データ種別:研究センター報告書

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15544
JaLC DOI 10.14988/re.2017.0000015642
タイトル ターハー・ジャービル・アル=アルワーニーの思想と「クルアーンの主権」理論
タイトル(ヨミ) ターハー・ジャービル・アル=アルワーニー ノ シソウ ト「クルアーン ノ シュケン」リロン
タイトル(その他) ターハージャービルアルアルワーニーの思想とクルアーンの主権理論
著者 松山, 洋平
著者(ヨミ) マツヤマ, ヨウヘイ
著者(その他) Matsuyama, Yohei
所属 東京外国語大学大学院地域文化研究科
刊行物名 一神教世界
The world of monotheistic religions
1
開始ページ 65
終了ページ 77
刊行年月日 2010-02-28
内容記述 本稿の目的は、アメリカ合衆国で活躍するイラク出身のウラマー、ターハー・ジャービル・アル=アルワーニーの提起する「クルアーンの主権」理論と、そこから導出される政治論の意味、及びアルワーニーの思想全体に与えるそのインパクトを考察することにある。「クルアーンの主権」理論は、神の最終啓示であるクルアーンを啓示「封緘」以降の時代を生きる人間の行為規範における最高権威として規定し、クルアーンを人間的読解によって解釈する学的努力の必要性を主張する。それは、預言の「封緘」以前に適用されていた、強制的・直接的介入に基づく「神的主権」とは性質を異にする、神の新たな主権形態である。またアルワーニーは、「クルアーンの主権」実現の手段としてジハードを定義し、独自の政治論を展開する。この「クルアーンの主権」理論は、アルワーニーが提起する諸言論の理論的素地として、また「ウラマー」が発信する新しい「形式」のイスラーム思想の萌芽として認識することが可能である。
主題 クルアーンの主権
預言の封緘
神的主権
ジハード
イジュティハード
日本十進分類法 167.1
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 一神教世界
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10356002/?lang=0