こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1582019-12-15 13:11 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/re.2017.0000015640

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
050000010004 pdf  871. KB  2,912

論文情報


データ種別:研究センター報告書

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15542
JaLC DOI 10.14988/re.2017.0000015640
タイトル ルイス・ファラカンの政治的非一貫性 : 1984 年と2008 年のアメリカ大統領選挙から
タイトル(ヨミ) ルイス・ファラカン ノ セイジテキ ヒイッカンセイ : 1984ネン ト 2008ネン ノ アメリカ ダイトウリョウ センキョ カラ
タイトル(その他) ルイスファラカンの政治的非一貫性 : 1984 年と2008 年のアメリカ大統領選挙から
著者 山下, 壮起
著者(ヨミ) ヤマシタ, ソウキ
著者(その他) Yamashita, Soki
所属 同志社大学大学院神学研究科
刊行物名 一神教世界
The world of monotheistic religions
1
開始ページ 39
終了ページ 51
刊行年月日 2010-02-28
内容記述 ネイション・オブ・イスラーム(以下NOI)は、ブラックナショナリズムを基盤にした教義と指導者ルイス・ファラカンのカリスマによって、現代の黒人社会において影響力を持っている。1984 年の大統領選挙をきっかけに、NOI は大きな転換を見せた。それまで批判してきた黒人教会と連帯することで黒人社会への影響力を強化し、アメリカ政治に積極的に参与するようになったのである。黒人社会の支持を獲得したファラカンは、ブラックナショナリズムのリーダーとして黒人社会の感情に即した政治的終末論を展開してきた。しかし、彼の終末論は、時代によってその内容に非一貫性が見られる。それは、アメリカに対する黒人社会の感情の変化に対応し、そこからの支持を維持するためであった。本論文は、1984 年と2008 年の大統領選挙戦の比較を通してファラカンの非一貫性を分析し、その背景にあるものを明らかにするものである。
主題 ネイション・オブ・イスラーム, Nation of Islam
ルイス・ファラカン
ブラックナショナリズム
アフリカ系アメリカ人の宗教史
アメリカ大統領選挙
日本十進分類法 316.853
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 一神教世界
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10356002/?lang=0