こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:802019-12-14 07:20 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/re.2017.0000015638

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
050000010002 pdf  1.06 MB  72

論文情報


データ種別:研究センター報告書

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15540
JaLC DOI 10.14988/re.2017.0000015638
タイトル S.D.Goiteinのイスラーイーリーヤート理解 : 一神教研究の観点から
タイトル(ヨミ) S.D.Goitein ノ イスラーイーリーヤート リカイ : イッシンキョウ ケンキュウ ノ カンテン カラ
著者 辻, 圭秋
著者(ヨミ) ツジ, ヨシアキ
著者(その他) Tsuji, Yoshiaki
所属 同志社大学大学院神学研究科
刊行物名 一神教世界
The world of monotheistic religions
1
開始ページ 15
終了ページ 26
刊行年月日 2010-02-28
内容記述 本論文は、「イスラーイーリーヤート」という概念に対する理解を、(1)現代イスラーム世界のウラマー、(2)I.Goldziher、(3)S.D.Goitein、の三者から探り、Goiteinのイスラーイーリーヤート理解が前二者とは大きく異なることを明らかにする。(1)現代イスラーム世界のウラマーによるイスラーイーリーヤート理解は、「ユダヤ教・キリスト教的な信頼できない言説の総体」であり、実際にユダヤ教に由来するかどうかは問わない。(2)Goldziherも、個々の言説のユダヤ教的来歴を問題として俎上に載せることはあっても、大部分はウラマーの規定に従っている。他方、(3)Goiteinはイスラーイーリーヤートを、「ユダヤ教に由来する言説」と理解する。Goiteinによるイスラーイーリーヤート研究の方法論は、ユダヤ学における教父研究に近いものであり、一神教研究のみならず、イスラーム・ユダヤ教交渉史を考える上で極めて有益な知見をもたらすものであることを明らかにする。
主題 イスラーイーリーヤート
一神教研究
マーリク・イブン・ディーナール
タフスィール
Goitein
日本十進分類法 167.1
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 一神教世界
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10356002/?lang=0