こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:3372020-04-09 06:44 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000012787

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
048001000007 pdf  1.44 MB  1,811

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15408
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000012787
タイトル 普天間基地移設問題をめぐる鳩山首相のリーダーシップと世論の影響力
タイトル(ヨミ) フテンマ キチ イセツ モンダイ オ メグル ハトヤマ シュショウ ノ リーダーシップ ト ヨロン ノ エイキョウリョク
タイトル(その他) Influence of the public opinion to the leadreship of prime minister Hatoyama over the issue of Futenma base relocation
著者 北村, 知史
著者(ヨミ) キタムラ, サトシ
著者(その他) Kitamura, Satoshi
所属 同志社大学総合政策科学研究科博士後期課程
刊行物名 同志社政策科学院生論集
Doshisha policy and management review
1
開始ページ 93
終了ページ 107
刊行年月日 2012-02-01
内容記述 Note
本論文の目的は、鳩山首相自身が政権の最大目標と位置づけ、その解決に失敗した普天間基地の移設問題の政治過程を分析することにある。そこで、政権における首相や閣僚、政党党首などの政治的責任者の主要動向を新聞報道と先行研究を通じて明らかにすることである。2の鳩山政権における普天間基地移設問題では、鳩山政権の発足から退陣までの首相や閣僚、政党党首などの政治的責任者普天間基地に関する主要動向を新聞記事を中心にして時系列に表記した。時系列に表記した結果、鳩山首相の普天間基地の移設に関する発言は政権が発足してから辞任するまで一貫していないことが明らかであった。3.1の首相動静から見る鳩山首相の普天間問題におけるリーダーシップでは、首相動静から見た鳩山首相の普天間問題におけるリーダーシップの分析をした。3.2の鳩山首相による議題設定とリーダーシップの欠如では鳩山首相が普天間基地を県外に移設という議題設定をしたことについての分析をした。3.3の世論調査からみる鳩山政権のへの批判では朝日、読売、毎日、日経の4紙の世論調査の個別の内閣支持率の動向を確認した。4の結章では鳩山首相がこの政治課題において失敗した要因を指摘した。本論文では、鳩山首相の普天間移設問題をめぐるリーダーシップの問題と世論の影響力の観点からの分析を試みた。
主題 普天間基地
移設
鳩山首相
リーダーシップ
民主党
世論
支持率
社民党
日米首脳会談
沖縄
辺野古
首相動静
連立政権
日本十進分類法 312.1
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社政策科学院生論集
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12396206/?lang=0