こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:2202019-12-10 02:20 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000012780

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
046000150002 pdf  272. KB  2,020

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15399
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000012780
タイトル 指示語の文脈展開機能
タイトル(ヨミ) シジゴ ノ ブンミャク テンカイ キノウ
タイトル(その他) Demonstrative words and contextual expansion
著者 張, 子如
著者(ヨミ) チョウ, シジョ
著者(その他) Zhang, Ziru
所属 同志社大学大学院博士課程後期課程 / 西北大学外国語学院日本語学部
刊行物名 同志社日本語研究
Doshisha studies in Japanese linguistics
15
開始ページ 11
終了ページ 25
刊行年月日 2011-09-30
内容記述 本稿では、指示語の文脈展開機能の定義およびそれに関わる要素を考察する。その結果、指示内容が文脈上にあれば、指示語は文脈展開機能を果たしている。指示語とその持ち込み内容の距離、持ち込み内容の範囲、持ち込み内容の変容、そして指示語の後続語句の四つの側面から、文脈展開の強さが規定される。そのうち、指示語の後続語句は前提的な条件になる要素で、持ち込み内容の範囲は指示語とその持ち込み内容の距離や持ち込み内容の変容などの要素を規定する中心的な要素である。
In this paper I will analyze demonstrative words as a function of contextual expansion. From this study I will confirm the following phenomena: 1) If the subtantive denoted by the demonstrative word is clear in context, the demonstrative word serves as a means of contextual expansion. 2) The context expansion function of demonstrative words are decided by the following factors: the distance between demonstrative words and its implied contents, the range of its implied contents, the transformation of its implied contents, and the words and phrases that follow the demonstrative words. Specifically, words and phrases following demonstrative words are a postulate factor, while the implied contents are a central factor.
主題 指示語
文脈展開機能
持ち込み内容
demonstrative words
contextual expansion
implied contents
日本十進分類法 816
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社日本語研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12399613/?lang=0