こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:682017-11-23 07:13 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000012618

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
019011010018 pdf  345. KB  71

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15230
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000012618
タイトル テッラ・マードレ2008におけるユース・フード・ムーブメント
タイトル(ヨミ) テッラ マードレ 2008 ニオケル ユース フード ムーブメント
タイトル(その他) テッラマードレ2008におけるユースフードムーブメント
Youth food movement in “Terra Madre 2008"
著者 加納, 千佳
著者(ヨミ) カノウ, チカ
著者(その他) Kano, Chika
所属 同志社大学大学院総合政策科学研究科博士課程前期課程
刊行物名 同志社政策科学研究
Doshisha University policy & management review
11
1
開始ページ 231
終了ページ 234
刊行年月日 2009-07-25
内容記述 研究活動報告(Research and Activity Report)
2008年10月23日から10月27日にわたりイタリアのピエモンテ州トリノ市で「テッラ・マードレ(Terra Madre)2008」が開催された。「テッラ・マードレ」とは食のコミュニティの世界大会であり、国際スローフード協会とイタリアの農林水産省、外務省の経済推進局、ピエモンテ州とトリノ市の協力により開催されている。もともと、世界規模の生産者会議という名の下で行われていたこのイベントは、世界中の生産者はもちろんのこと、料理人、研究者、若者、ボランティアスタッフ等が集まり、交流を深める場として機能している。農業と食に関わる生物多様性を保護するために最も有効であるとして、この国際的な情報・意見交換が行われている。また、今年は「若者」と「音楽」という新しいカテゴリーが加わった。「若者」のカテゴリーが加わったのには、若者が食の運動を展開していこうとする「ユース・フード・ムーブメント(Youth Food Movement、以下、YFM)」という新たなネットワークが作られた事が背景にある。本稿では、このYFMに焦点を当て、「テッラ・マードレ2008」について報告する。
主題
若者
イタリア
スローフード, slowfood
ワークショップ
食育
日本十進分類法 611.3
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社政策科学研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00953026/?lang=0