こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:772017-11-23 07:14 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000012615

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
019011010015 pdf  263. KB  53

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15227
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000012615
タイトル マーク・ベコフ著 藤原英司・辺見栄訳『動物の命は人間より軽いのか―世界最先端の動物保護思想』(中央公論新社 2005年)
タイトル(ヨミ) マーク ベコフ チョ フジワラ エイジ ヘンミ サカエ ヤク ドウブツ ノ イノチ ワ ニンゲン ヨリ カルイ ノカ セカイ サイセンタン ノ ドウブツ ホゴ シソウ チュウオウ コウロン シンシャ 2005ネン
タイトル(その他) マークベコフ著藤原英司辺見栄訳動物の命は人間より軽いのか世界最先端の動物保護思想(中央公論新社 2005年)
Marc Bekoff, Eiji Fujiwara & Sakae Hemmi 『Strolling with our kin-speaking for and respecting voiceless animals』
Marc Bekoff, Eiji Fujiwara & Sakae Hemmi, Strolling with our kin : speaking for and respecting voiceless animals, Chuokoron-Shinsha, 2005
著者 矢野, 百合子
著者(ヨミ) ヤノ, ユリコ
著者(その他) Yano, Yuriko
所属 同志社大学大学院総合政策科学研究科博士課程前期課程
刊行物名 同志社政策科学研究
Doshisha University policy & management review
11
1
開始ページ 195
終了ページ 196
刊行年月日 2009-07-25
内容記述 書評(Book Review)
本稿は、マーク・ベコフ著、藤原英司・辺見栄訳、『動物の命は人間より軽いのか―世界最先端の動物保護思想』の書評である。我々の生活は、人間同士のみならず、他の多くの生物との関わり合いのなかで成り立っており、人間とこれら生物との共生の道を探ることは、重要な課題であると考えられる。動物の生存権をテーマとしてこのような課題に接近した本書は、人間と動物の関係を考えるうえでの手引書となっている。
This article is a book review of "Strolling with our kin : speaking for and respecting voiceless animals" written by Marc Bekoff.
主題 動物の生存権
動物愛護
動物福祉
動物保護
日本十進分類法 480.9
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社政策科学研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00953026/?lang=0