こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1202017-09-20 07:40 集計


閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
019011010013 pdf  763. KB  205

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15225
タイトル 日本における戦略的人的資源管理の再検討
タイトル(ヨミ) ニホン ニオケル センリャクテキ ジンテキ シゲン カンリ ノ サイケントウ
タイトル(その他) A review of strategic human resource management in Japan
著者 田中, 秀樹
著者(ヨミ) タナカ, ヒデキ
著者(その他) Tanaka, Hideki
所属 同志社大学大学院総合政策科学研究科博士課程後期課程
刊行物名 同志社政策科学研究
Doshisha University policy & management review
11
1
開始ページ 163
終了ページ 178
刊行年月日 2009-07-25
内容記述 研究ノート(Note)
昨今、人事労務研究において、戦略的人的資源管理(Strategic Human Resource Management, SHRM)は注目されてきており、研究者の間でも議論が活発化してきている。しかしながら、その注目とは反して、SHRM研究はそれほど蓄積されていない感が否めない。そこで、本稿では、SHRM実践の解明がそれほど成されていない点を出発点として、先行研究をベースに、それらをSHRMの文脈で読み解く作業を行うことで、今後、日本におけるSHRM研究においてどのような切り口からSHRMを考察すべきかについての提示を行うとともに、SHRM実践研究の量的不足を指摘したい。この再検討は些か定性的な視点に偏っていることは否めないことも事実である。戦略と業績との関係性を解明している研究も存在するが、それらにおいても、因果の方向性や文脈的視点の導入等が課題として挙げられていて、定性的なSHRM研究の蓄積が要請されている。この点を鑑みると、本稿での事例研究の再検討が十全たる意義を持つといえる。本稿では、「業績管理」という文脈でSHRM実践の内実を解いている先行研究を取り上げ、業績管理と人事管理の連関性という視点から、SHRM実践の解明を行う。この考察を行うことで、先行研究として多分に存在する業績管理研究をSHRMの舞台に下ろして分析出来ることを提示する。また同時に、「業績管理」の文脈でSHRM実践を行うことの限界も指摘する。
The purpose of this paper is to review the practice of strategic human resource management(SHRM) in Japan. This paper reviews two case of management by object(MBO), partically management of work( 'Shigoto-Kanri' in Japanese). Those cases are Sato(2007) and Ono(2005), and this paper put those cases on the stage of the analysis of SHRM, reviews those cases. And this paper indicates the lack of quaritative reserch of SHRM, so, through this review, it contributes to the accumulation of the research of SHRM.
主題 戦略的人的資源管理, Strategic Human Resource Management
目標(業績)管理, Management by Object
仕事管理, Management of Work
進捗管理(Plan-Do-Check-Action), PDCA
戦略の実践, Strategic Practice
日本十進分類法 336.4
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社政策科学研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00953026/?lang=0