こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1622017-11-23 07:14 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000012609

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
019011010009 pdf  488. KB  712

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15221
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000012609
タイトル ケア役割と成人期男性の発達
タイトル(ヨミ) ケア ヤクワリ ト セイジンキ ダンセイ ノ ハッタツ
タイトル(その他) Caring role and development of men in adulthood
著者 水島, 洋平
著者(ヨミ) ミズシマ, ヨウヘイ
著者(その他) Mizushima, Yohei
所属 同志社大学大学院総合政策科学研究科博士課程後期課程
刊行物名 同志社政策科学研究
Doshisha University policy & management review
11
1
開始ページ 115
終了ページ 126
刊行年月日 2009-07-25
内容記述 研究ノート(Note)
本稿の目的は、ケア役割が男性にとってどのような意味を持つのかという問題意識の下、ケア役割を通して成人期男性がどのような発達を遂げるのかに焦点を当て、生涯発達の視点から考察することにある。近年、わが国においても、ワーク・ライフ・バランスの推進が喫緊の課題となっている。少子高齢化や産業構造の変化により、性別役割分業型家族が後退し、核家族が増加している。それに伴い、育児や介護の問題も変容している。かつて、育児や介護などのケア役割は、主に女性が担ってきたが、男性もケア役割を担う必要性、さらには、ケアに積極的に関わりたいという男性のニーズがあるなど、実態面や意識面での変化が見られる。本稿では、まず、ケア役割を通した成人期男性の発達の問題にアプローチする際に、生涯発達の視点を持つことの重要性を指摘した。次に、ケア役割と成人期男性の発達との関連性について明らかにするために、ケアの概念を概観し、成人期男性の発達にとってのケア役割の重要性について指摘した。最後に、ケア役割を通した成人期男性の発達を考えるうえで有用と思われるHavighurst、Erikson、Levinsonの発達理論の整理と理論から得られた知見を提示した。
主題 ケア
生涯発達
成人期
男性
ジェンダー
ライフサイクル
Havighurst
Erikson
Levinson
ワーク・ライフ・バランス政策
日本十進分類法 143.6
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社政策科学研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00953026/?lang=0