こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:762017-09-20 07:33 集計


閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
019011010004 pdf  670. KB  109

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15216
タイトル 中国における金融政策の有効性 : 信用経路を中心に
タイトル(ヨミ) チュウゴク ニオケル キンユウ セイサク ノ ユウコウセイ : シンヨウ ケイロ オ チュウシン ニ
タイトル(その他) Effectiveness of China's monetary policy : centring on credit transmission
著者 高, 明珠
著者(ヨミ) コウ, メイジュ
著者(その他) Gao, Mingzhu
所属 同志社大学総合政策科学研究科博士課程後期課程
刊行物名 同志社政策科学研究
Doshisha University policy & management review
11
1
開始ページ 35
終了ページ 48
刊行年月日 2009-07-25
内容記述 論説(Article)
本論では、金融政策の波及経路に関する2つのパラダイム、つまり貨幣経路と信用経路の理論を紹介した上で、信用経路理論の考え方に基づいて、2004年以来、中国人民銀行が様々な金融引締めの政策手段を利用する目的は、商業銀行の貸出規模を抑制することであることを明らかにする。そして、2003年第1四半期から2008年第3四半期までのデータにより実証分析を行い、中国人民銀行の金融政策が有効であるが、効果が小さいという結論が得られた。
本论文在介绍了货币政策的货币传导和信用传导的相关理论的基础上,基于货币政策的信用传导理论,认为2004年以来中国人民银行所执行的货币紧缩政策是要通过控制商业银行的贷款规模的增长,从而达到宏观调控的目的。本论文并对2003年第1季度到2008年第3季度的数据进行回归分析,得出了此次紧缩的货币政策是有效的,但是效果并不明显的结论。
主題 金融政策
信用経路
中国人民銀行
金融引締め
日本十進分類法 338.3
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社政策科学研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00953026/?lang=0