こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1372017-11-23 07:15 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000012602

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
019011010002 pdf  1.47 MB  695

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15214
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000012602
タイトル 財務データからみたNPO法人の収入構造 : 滋賀県を例として
タイトル(ヨミ) ザイム データ カラ ミタ NPO ホウジン ノ シュウニュウ コウゾウ : シガケン オ レイ トシテ
タイトル(その他) Revenue structure of non profit organizations in Shiga from the analysis of financial statements
著者 小田切, 康彦
浅野, 令子
著者(ヨミ) コタギリ, ヤスヒコ
アサノ, レイコ
著者(その他) Kotagiri, Yasuhiko
Asano, Reiko
所属 小田切, 康彦 / 日本学術振興会特別研究員PD(同志社大学)
浅野, 令子 / 財団法人淡海文化振興財団
刊行物名 同志社政策科学研究
Doshisha University policy & management review
11
1
開始ページ 15
終了ページ 23
刊行年月日 2009-07-25
内容記述 論説(Article)
NPOの財政基盤の弱さが指摘される日本においては、近年、組織や活動を持続させるためのNPOの経営モデルをいかに示すかが研究の焦点となっている。本稿では、こうした研究への貢献を企図し、滋賀県のNPO法人の財務データを用いて、その財政上の特性を議論した。具体的には、NPOの収入構造の実態確認とその類型化を行うことを通じて、収入構造にいかなる特徴があるのか、探索的に分析した。分析によって得られた主な結果および知見は次の通りである。(1)滋賀県のNPO法人の経常収入は、全国的な調査結果と比較すると比較的小規模な団体で占められている。また、経常収入に占める事業収入の割合が低く、その他の各収入の割合が高い傾向にある。(2)会費・入会金収入、寄付金収入、事業収入、補助・助成金収入、その他収入、が経常収入に占める比率を基にしたクラスター分析および主成分分析によって、NPOの収入構造は「会費・入会金型」「寄付型」「事業型」「分散型」の4つに分類される。(3)分散型は、すべての収入を均等的に保持する特徴を持つ。また、他のクラスターに比べ確保している財源の数が多く、また、一定の財政規模もある。この分散型の特性を持つ団体の存在は、多様な財源を獲得できる組織の有り様を示している可能性があり、NPOの組織や活動の持続性を考えるうえで非常に重要といえる。
主題 NPO, NPOs
収入構造, Revenue Structure
財務諸表, Financial Statements
クラスター分析, Cluster Analysis
日本十進分類法 335.89
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社政策科学研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00953026/?lang=0