こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1322019-12-14 07:35 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000012459

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
045000020004 pdf  633. KB  23,707

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 15062
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000012459
タイトル 精読法授業の開講の必要性 : 教養課程での必修及び選択の授業での精読法授業の試み
タイトル(ヨミ) セイドクホウ ジュギョウ ノ カイコウ ノ ヒツヨウセイ : キョウヨウ カテイ デノ ヒッシュウ オヨビ センタク ノ ジュギョウ デノ セイドクホウ ジュギョウ ノ ココロミ
著者 森永, 弘司
著者(ヨミ) モリナガ, コウジ
所属 同志社大学言語文化教育研究センター嘱託講師
刊行物名 同志社大学教育開発センター年報
Doshisha University annual report of Center for Faculty Development
2
開始ページ 49
終了ページ 62
刊行年月日 2011-06-30
内容記述 近年の大学でのリーディング授業は速読・多読主体の授業が主流になってきた。こうした多読・速読重視の英語教育のために、難度の高い英文に出くわすと、勘やフィ-リングに頼って誤読する学生が増えてきている。こうした誤読を矯正するためには、精読を主体とする授業も開講する必要があるといえる。本稿では、3つの大学で実施した精読の授業の結果を報告することで、大学での精読授業の必要性を論じてみた。
主題 英語カリキュラム
精読授業
薬袋式精読法
パージング
アンケート調査
日本十進分類法 377.15
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社大学教育開発センター年報
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10359669/?lang=0