こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:662020-04-07 03:39 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000012254

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
039000040002 pdf  3.13 MB  118

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 14826
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000012254
タイトル 学際分野研究としての文化情報学研究(2) : ITMA による文化現象研究とその客観性
タイトル(ヨミ) ガクサイ ブンヤ ケンキュウ トシテノ ブンカ ジョウホウガク ケンキュウ 2 : ITMA ニヨル ブンカ ゲンショウ ケンキュウ ト ソノ キャッカンセイ
タイトル(その他) Information science and objectivity in cultural phenomena studies II : objectivity in cultural phenomena studies and the methodology of ITMA
著者 藤本, 悠
著者(ヨミ) フジモト, ユウ
著者(その他) Fujimoto, Yu
所属 同志社大学大学院文化情報学研究科博士後期課程
刊行物名 文化情報学
Journal of culture and information science
4
1
開始ページ 11
終了ページ 27
刊行年月日 2009-03-20
内容記述 研究論文
文化現象は、個々の研究者によって定義される。したがって、文化現象を対象とする文化科学では研究者の認識構造を明示することが重要となる。文化科学では伝統的に、文章化によって自身の認識構造の明確化を目指してきた。たとえば、ドイツの社会学者、マックス・ウェーバーは「理念型」を提唱し社会科学における客観性について議論を行った。しかしながら、ウェーバーの理念型は文章によって表現されたモデルを用いるため、その客観性を十分には表現できないという問題がある。本研究で提案する理念型モデル化分析法(ITMA)は、この問題に対する文化情報学的方法論である。この方法論は、ウェーバーの理念型をベースとすると同時に、オブジェクト指向の理論、情報科学の技術、系統学の方法を用いている。この方法論において研究者の認識構造は情報モデル化され、静的な地理空間的構造と動的な時間位相的構造はその構造を用いて計量的な手法によって分析される。すなわち、同方法論は文化現象研究における本質と手法の両側面における客観性を実現することができる。
Cultural phenomena are defined by each scholar. Therefore, scholars' ideal value to cultural phenomena should be objectively clarified. Although the objectivity in the natural science needs empirical methods, the objectivity in cultural science needs logical structure of researcher's recognition. Traditionally, cultural scientists aimed to clarify their recognition to cultural phenomena by writings. For instance, Max Weber, a German social scientist, proposed 'Ideal Types', and strongly argued importance of objectivity in social science. However, his attempts have had fatal problem: It was too difficult to represent objectivity by writings. The new methodology, ITMA (Ideal Type Modeling and Analysis), was contrived for the study of culture and information science to tackle this problem. This methodology is based on Weber's Ideal types and uses the theory of Object Oriented GIS, a technique of Information Science, and method of Phylogenetics and Social Science. In this methodology, ideal values are modelled by Information Modelling, and static Geospatial characters and dynamic temporal relationships are analyzed by using their structure. Therefore, this methodology can realize the objectivity in cultural phenomena studies with both aspects of real nature and methods. In this paper, I aim to make mentality of study for cultural phenomena being clear and redefining each important terms in cultural science, and introduce ITMA as the integrated methodological study of traditional cultural science and information science.
主題 理念型モデル化分析法
ITMA
オブジェクト指向GIS
地理情報標準
ISO 191XX
Ideal Types Modeling and Analysis
Object-oriented GIS
OOGIS
日本十進分類法 007.6
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 文化情報学
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10166425/?lang=0