こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1752019-12-16 12:50 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000012080

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
043000020007 pdf  468. KB  3,734

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 14641
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000012080
タイトル 事業所における男性従業員の朝食欠食に関連する要因
タイトル(ヨミ) ジギョウショ ニオケル ダンセイ ジュウギョウイン ノ チョウショク ケッショク ニ カンレン スル ヨウイン
タイトル(その他) Factors associated with skipping breakfast among male factory employees
著者 栁田, 昌彦
土屋, 美穂
石原, 一成
著者(ヨミ) ヤナギタ, マサヒコ
ツチヤ, ミホ
イシハラ, カズナリ
著者(その他) Yanagita, Masahiko
Tsuchiya, Miho
Ishihara, Kazunari
所属 栁田, 昌彦 / 同志社大学健康体力科学研究センター / 同志社大学スポーツ健康科学部教授
土屋, 美穂 / 同志社大学健康体力科学研究センター / 首都大学東京人間健康科学研究科助教
石原, 一成 / 同志社大学健康体力科学研究センター / 福井県立大学学術教養センター講師
刊行物名 同志社スポーツ健康科学
Doshisha Journal of Health and Sports Science
2
開始ページ [54]
終了ページ 60
刊行年月日 2010-03-01
内容記述 原著(Original investigation)
本研究は,事業所に勤務する男性従業員の朝食摂取状況,食事に対する意識,生活習慣,健康状態などに関する質問紙調査を行い,朝食欠食に及ぼす要因について明らかにすることを目的とした.ロジスティック回帰分析を行った結果,朝食欠食には複数の要因が関連しており,「1人暮らし」,「動機・息切れがある」,「朝食の摂取を大事だと思っていない」,「たんぱく質食品の摂取頻度が少ない」という人ほど朝食を欠食する頻度が高いことが示唆された.
To investigate factors related to skipping breakfast among male factory employees, subjects were surveyed about their eating behavior, lifestyle, health condition and awareness of eating habit using an unsigned self-administered questionnaire. The logistic regression analysis revealed that living alone, subjective symptoms of a heartbeat and out of breath, recognition of the importance on breakfast, and intake of the protein food were each independently related to their habit of skipping breakfast.
主題 朝食欠食
要因
男性従業員
生活習慣
健康状態
skipping breakfast
factor
male employee
lifestyle
health condition
日本十進分類法 498.583
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社スポーツ健康科学
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10298688/?lang=0