こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1022020-04-07 00:16 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011900

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
31000810007 pdf  428. KB  245

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 14441
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011900
タイトル 「災害時要援護度」概念構築の試み―台風23号水害時における在宅人工呼吸器装着者の災害リスク回避行動の分析から―
タイトル(ヨミ) サイガイジ ヨウ エンゴド ガイネン コウチク ノ ココロミ タイフウ 23ゴウ スイガイジ ニオケル ザイタク ジンコウ コキュウキ ソウチャクシャ ノ サイガイ リスク カイヒ コウドウ ノ ブンセキ カラ
タイトル(その他) The Degree that People Need Special Care in Disasters as interactions between hazard and vulnerability
著者 越智, 祐子
立木, 茂雄
著者(ヨミ) オチ, ユウコ
タツキ, シゲオ
著者(その他) Ochi, Yuko
Tatsuki, Shigeo
所属 越智, 祐子 / 同志社大学文学研究科社会学専攻博士課程後期
立木, 茂雄 / 同志社大学社会学部社会学科博士後期課程教授
刊行物名 評論・社会科学
Hyoron Shakaikagaku (Social Science Review)
81
開始ページ 19
終了ページ 39
刊行年月日 2006-11-15
内容記述 論文(Article)
近年,大規模な自然災害が相次ぎ,災害による人的被害を最小限にするため,災害時に特別の配慮を必要とする人々,いわゆる「災害時要援護者」対応が議論されている.しかしその概念については,必ずしも系統的に論じられているわけではない.本稿は,2004年の台風23号水害における在宅人工呼吸器装着者の災害リスク回避行動の分析を通して,「脆弱であること」は単に,心身の障害の程度を指すのではなく,生活主体の要求と客体的資源との関係性により規定されることを示した.具体的には,「災害スキーマの適切さ」「主観的規範の歪みの程度」「対処資源へのアクセス性」が災害リスク回避行動に影響を与えていた.さらに,災害時において脆弱性は,地震や集中豪雨といった外力(ハザード)との関係から顕在化することから,ハザードと脆弱性との相互作用として「災害時要援護度」をとらえることを提案した.本稿の内容構成は,1) 先行研究および在宅人工呼吸器装着者の日常生活の概観,2)方法,3)結果,4)考察である.
Many people had heavily losses in large-scale natural disasters. The discussions for alleviation of human suffering caused by natural disasters have started. Especially, important issue is what we should do for the people who need special care in a time of disaster. However, the concept of 'the people who need special care' is not necessarily systematically discussed. This research shows that 'vulnerability' means not only mental-physical disorders but interactions between the demands of people and resources by analyzing risk aversive behaviors of people who take home mechanical ventilation at the Typhoon No.23 disaster in 2004. Concretely, appropriateness of "disaster schema", level of the distortion of "subjective norms", and access to "resources" influence the disaster risk aversive actions. As a result, this research suppose the concept of "the degree that people need special care in times of disasters" as interactions between hazard and vulnerability. The contents of this research are constituted by a general view of daily lifes of people who take home mechanical ventilation and the precedence research, methodology, results and conclusion.
主題 災害リスク回避行動
脆弱性
災害スキーマ
主観的規範
対処資源
日本十進分類法 369.3
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 評論・社会科学
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00961338/?lang=0