こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:812019-12-14 07:14 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011631

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
03700010006 pdf  984. KB  31

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 14149
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011631
タイトル 普賢寺の基壇を対象とした探査研究
タイトル(ヨミ) フゲンジ ノ キダン オ タイショウ トシタ タンサ ケンキュウ
タイトル(その他) The under-ground survey at ancient temple "Fugenji"
著者 岸田, 徹
津村, 宏臣
若林, 邦彦
置田, 雅昭
著者(ヨミ) キシダ, トオル
ツムラ, ヒロオミ
ワカバヤシ, クニヒコ
オキタ, マサアキ
著者(その他) Kishida, Toru
Tsumura, Hiroomi
Wakabayashi, Kunihiko
Okita, Masaaki
所属 岸田, 徹 / 同志社大学文化情報学部実習助手
津村, 宏臣 / 同志社大学文化情報学部准教授
若林, 邦彦 / 同志社大学歴史資料館准教授
置田, 雅昭 / 天理大学文学部教授
刊行物名 同志社大学歴史資料館館報
Museum Report
11
開始ページ 29
終了ページ 32
刊行年月日 2008-10-30
内容記述 京田辺市大御堂観音寺境内に所在する、古代寺院普賢寺の塔跡の地下探査調査成果報告。瓦積基壇の可能性を探るべく、地中レーダ探査と磁気探査を実施した。その結果、両探査法は瓦の分布を良好に捉えることができ、瓦積基壇の非破壊の検討法として十分活用できる見通しが得られた。探査で異常を検出した箇所は、現地表で瓦が密に散布する基壇の北及び北東部のみであり、方形を呈するような異常分布は認められなかった。現時点での探査結果からは、瓦積基壇の可能性は低いと考えられる。
主題 古代寺院
瓦積基壇
地下探査
レーダ探査
磁気探査
日本十進分類法 216.2
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社大学歴史資料館館報
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00952385/?lang=0