こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1942019-12-11 18:54 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011622

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
043000010007 pdf  991. KB  1,199

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 14139
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011622
タイトル テニス選手におけるパワーのグレーディング特性の調査 : 握力とメディシンボール投げの測定から
タイトル(ヨミ) テニス ニオケル パワー ノ グレーディング トクセイ ノ チョウサ : アクリョク ト メディシンボール ナゲ ノ ソクテイ カラ
タイトル(その他) Grading Characteristics of Power in Tennis Players Measuring Grip : Strength and Medicine-ball Throw
著者 小屋, 菜穂子
著者(ヨミ) コヤ, ナホコ
著者(その他) Koya, Nahoko
所属 同志社大学スポーツ健康科学部助教
刊行物名 同志社スポーツ健康科学
Doshisha Journal of Health and Sports Science
1
開始ページ 45
終了ページ 51
刊行年月日 2009-03-01
内容記述 原著(Original Investigations)
テニス競技は、時々刻々変化する状況に対して、状況に応じたショットをそれに適したパワーで打つことが重要になる。本研究は、パワーの最大値とその70%、50%の値を測定し、測定値と最大値から算出した目標値とを比較することで、テニス選手に必要なパワーの調整能力に関する基礎的知見を得ることを目的とした。一般的なパワーを測定する手段として握力を、技術的な要素を含んだパワーを測定する手段としてメディシンボール投げの計2種目を測定し、分析した。
Tennis is a unique game which requires various skills to react to different situations. The Players should acquire a skill to control their power to hit a ball and need to weaken their force to effectively control the speed and power of the ball. The purpose of this study was to identify grading characteristics of power in tennis players. We compared the actual results of grip strengths and medicine-ball throws with 100%, 70%, and 50% of maximum efforts and the players' targets calculated from their maximum power. We considered grip strength testing as to measure generic muscle power and used medicine-ball throwing to measure specific muscle power.
主題 パワーのグレーディング
調整
テニス選手
Grading of power
Control
Tennis players
日本十進分類法 780.18
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社スポーツ健康科学
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10298688/?lang=0