こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:482019-12-10 02:13 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011621

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
043000010006 pdf  345. KB  208

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 14138
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011621
タイトル 帯域幅法による結果の知識提示がタイミング習得に及ぼす効果 : パフォーマンス結果の安定度に基づく帯域幅設定方法の有効性
タイトル(ヨミ) タイイキハバホウ ニヨル ケッカ ノ チシキ テイジ ガ タイミング シュウトク ニ オヨ ボス コウカ : パフォーマンス ケッカ ノ アンテイド ニ モト ヅク タイイキハバ セッテイ ホウホウ ノ ユウコウセイ
タイトル(その他) The Effects of Presentation of the Knowledge of Results by Bandwidth Method on Acquisition of Timing Skill : The Validity of the Bandwidth Method Based on the Stability of the Results of Performance
著者 石倉, 忠夫
著者(ヨミ) イシクラ, タダオ
著者(その他) Ishikura, Tadao
所属 同志社大学スポーツ健康科学部
刊行物名 同志社スポーツ健康科学
Doshisha Journal of Health and Sports Science
1
開始ページ 39
終了ページ 44
刊行年月日 2009-03-01
内容記述 原著(Original Investigations)
本研究は、タイミング習得時の帯域幅法による結果の知識の与え方に着目し、学習者のパフォーマンスの安定度に応じて帯域幅が変化する方法の有効性を検討した。被験者にはコンピュータ画面上のポインタの位置をマウスで操作し、画面上のスタート領域をクリックしてから1200msec後にゴール領域をクリックする課題が求められた。課題に対して未経験な大学生52名が4つのうちの1つの条件に分けられた;(1)目標時間に対する誤差が試行後に毎回提示される条件(100%KR)。(2)試行前5試行分の標準偏差が算出され、目標時間を中心に帯域幅が設定される条件(FL)。(3)帯域幅はFLの被験者の練習試行全体の標準偏差を帯域幅として設定される条件(YFI)。(4)FLの被験者の練習試行における帯域幅の変化をそのまま帯域幅として設定される条件(YFL)。5試行のプレテストの後、40試行の練習を行った。この時、FL、YFIそしてYFLの被験者には帯域幅を逸脱したときに誤差情報が提示された。さらに、練習期間後に3つのテストが実施された(直後、10分後、24時間後)。分析の結果、Total variabilityにおいて、FLはYFIとYFLに比べて学習効果が認められたが、100%KRと同じくらいの学習効果が示された。そして、練習期間におけるKRの提示回数はFL、YFI、YFLの間に有意な差は認められなかった。これらの結果から、パフォーマンス結果の安定度に応じて帯域幅が変化する方法は、固定された帯域幅や学習者のパフォーマンス結果と関連しないで帯域幅が変化する設定方法に比べて学習効果が得られることが示された。しかしながら、実験条件設定上の問題点がいくつか考えられたため、さらにFLの有効性を検討する必要が指摘された。
The purpose of this study was aimed to examine the validity of the bandwidth method that based on the stability of the results of performance during the acquisition of timing skill. Subjects were required to move the position of pointer on the monitor using a computer mouse and click the right button of a mouse on the area of start, three areas and goal. The goal movement time for the subjects to complete the movements was 1200 ms. Fifty-two university students, who do not have any experience of this task, were provided one of four conditions; (1) the 100%KR condition, whose subjects were provided with error information after every trials during practice phase. (2) the fluctuating range condition (FL), whose bandwidth was set up by the standard deviation for five trials as results of subject's own execution. (3) the yoked fixed range condition (YFI), for which the bandwidth was used by the standard deviation of all practice trials of each subject of FL. (4) the yoked fluctuating range condition (YFL), for which the bandwidth was used by the fluctuating range of each subject of FL during practice phase. After five pre-test, the subjects were practiced forty trials. The subjects of FL, YFI and YFL were provided the error information when a performance result deviates from bandwidth. Three tests were conducted immediately after a practice phase and 10 min. and 24 hr. afterward. The results showed that the total variability of FL was lower than that of YFI and YFL, and that the number of error information that subjects were provided during practice phase between FL, YFI and YFL was not significantly. It was considered from these results that the FL is a method more effective for timing skill acquisition than the fixed bandwidth and the bandwidth method without being connected with a subject's performance result. However, since some problems of an experimental condition setup were considered, the necessity of furthermore continuing and examining the validity of FL was pointed out.
主題 タイミング
結果の知識
帯域幅法
timing skill
knowledge of results
bandwidth method
日本十進分類法 780.193
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社スポーツ健康科学
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10298688/?lang=0