こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1422019-12-14 07:29 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011620

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
043000010005 pdf  597. KB  631

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 14137
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011620
タイトル 男子児童における体格と身体活動量との関連について
タイトル(ヨミ) ダンシ ジドウ ニオケル タイカク ト シンタイ カツドウリョウ ト ノ カンレン ニツイテ
タイトル(その他) A Preliminary Study of the Relationship between Physiques and Physical Activity in Children
著者 中江, 悟司
石井, 好二郎
著者(ヨミ) ナカエ, サトシ
イシイ, コウジロウ
著者(その他) Nakae, Satoshi
Ishii, Kojiro
所属 中江, 悟司 / 同志社大学健康体力科学研究センター嘱託研究員 / 京都大学大学院人間・環境学研究科
石井, 好二郎 / 同志社大学健康体力科学研究センター / 同志社大学スポーツ健康科学部教授
刊行物名 同志社スポーツ健康科学
Doshisha Journal of Health and Sports Science
1
開始ページ 33
終了ページ 38
刊行年月日 2009-03-01
内容記述 原著(Original Investigations)
本研究では、従来の振り子式歩数計ではなく、より精度に優れた加速度計式歩数計を用いて評価した身体活動と体格との関連を男子児童を対象に検討した。4〜6年生児童17名を対象とし、加速時計式歩数計は、ライフコーダ(Lifecorder; スズケン社)を用いた。測定期間は7日間とし、得られたデータを体格別に比較した。また、エネルギー消費量は体重や体のサイズに依存するため、体重による補正およびアロメトリーによる補正を行った。体格は、肥満度によって分類したが、対象の中には肥満と判定されるものはいなかったため、やせ群と普通群の2群間の比較を行った。身体活動に関する全ての項目(総エネルギー消費量、運動量、運動量/体重、運動量/体重0.75、歩数)において、群間に差は認められなかった。平日と土日との比較では、両群ともに身体活動に関する全ての項目において土日に有意に低値を示した。体重と7日間の補正した運動量との間に負の相関関係が認められ、さらに、平日、土日に分けた場合、土日ではその有意性が消滅していた。本研究では、やせ群と普通群における身体活動には差が認められなかったが、今後肥満の者も含めて検討しないことには体格と身体活動との関連を結論づけることはできないと考えられる。また、平日、すなわち学校に通う日の身体活動が児童の体重に影響を及ぼす強い因子であることが示唆され、児童の肥満予防のためには学校を中心とした取り組みが必要であろう。
PURPOSE: The purpose of this study was to provide preliminary descriptive epidemiology data representing the relationship between physiques and accelerometer- determined physical activity in children. SUBJECTS: Seventeen primary school children were recruited (six 4th- grade boys, seven 5th- grade boys, four 6th- grade boys). METHODS: A uni- axial accelerometer (Lifecorder) was worn for seven consecutive days under free living conditions. Statistical analyses compared mean physical activity parameters (Total energy expenditure, physical activity related- energy expenditure, physical activity related- energy expenditure per weight or allometric-weight, steps per day) between obesity indices. Mean physical activity parameters were also compared between weekdays versus weekend days. RESULTS: 8 lean subjects and 9 normal- weight subjects participated in this study, and there were no obese subjects. No significant deferences between lean and normal- weight subjects regarding physical activity parameters were observed. Comparing between weekdays and weekend days, all weekdays physical activity parameter were higher than weekend days in both lean and normal- weight children (p<0.01). Body weight had significant correlation with adjusted physical activity- related energy expenditure (negative, p<0.01), but no significant correlations between body weight and any physical activity parameters were observed on weekend days. CONCLUSIONS: Although the results of this study are generalizable to other settings or populations is unclear, these results indicate that the effective strategy to prevent childhood overweight and obesity may be school- based program for promoting physical activity.
主題 歩数
加速度計
エネルギー消費量
肥満
アロメトリー
steps
accelerometer
energy expenditure
obesity
allometry
日本十進分類法 780.19
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社スポーツ健康科学
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10298688/?lang=0