こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:532019-08-22 20:56 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011535

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
028003310002 pdf  465. KB  78

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 14047
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011535
タイトル 特許権の存続期間延長登録と薬事法上の製造承認
タイトル(ヨミ) トッキョケン ノ ソンゾク キカン エンチョウ トウロク ト ヤクジホウジョウ ノ セイゾウ ショウニン
タイトル(その他) Patent Term Restoration and Manufacturing Approval on the Pharmaceutical Affairs Law
著者 井関, 涼子
著者(ヨミ) イセキ, リョウコ
著者(その他) Iseki, Ryoko
所属 同志社大学法学部教授
刊行物名 同志社法學
The Doshisha Hogaku (The Doshisha law review)
60
6
開始ページ 83
終了ページ 118
刊行年月日 2009-01-31
内容記述 論説(article)
特許権の存続期間延長登録は、医薬品の有効成分と効能・効果が同一である製造承認が複数ある場合は、最初の処分のみに基づいて可能であるとする解釈が、裁判例の一貫した立場である。最近の判決例では、当該処分によって、その特許発明の実施が初めて可能になった場合についても、有効成分と効能・効果を同じくする処分が先になされていたことを理由として延長登録を認めていないが、これにより、有効成分と効能・効果以外に特徴を有する特許発明については延長登録が認められなくなる帰結には疑問がある。欧米の特許期間延長制度は、日本とは立法趣旨も制度設計も全く異なることを明らかにし、この問題について欧米の制度と表面的に整合させることは無意味であることを論じた。
Courts repeatedly affirmed the denial of patent term extension which was based on the second approval for the same active ingredient and indication under the Pharmaceutical Affairs Law. The rejection is arguable in such case as the patentee could not exercise the patented invention at all before the approval because the patent was granted not for the active ingredient or indication but a new delivery system. This article examined comparatively the patent term restoration in Japan, U.S. and EU, and unfolded that the purposes and structures of the patent term restoration in these countries are quite different from each others'. Japanese construction should not be harmonized only superficially with those of U.S. and EU.
主題 延長登録, patent term restoration
薬事法の処分, pharmaceutical approval
特許期間回復, patent term extension
ハッチ・ワクスマン法, Hatch-Waxman
追加保護証明書, supplement protection certificate
存続期間, patent term
日本十進分類法 328.5
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社法學
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00960336/?lang=0