こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1392020-07-09 14:28 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011405

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
040000020004 pdf  439. KB  1,048

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 13897
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011405
タイトル 規制から自主規制へ―環境政策手法の変化の政治学的考察―
タイトル(ヨミ) キセイ カラ ジシュ キセイ エ カンキョウ セイサク シュホウ ノ ヘンカ ノ セイジガクテキ コウサツ
タイトル(その他) From Regulation To Self-regulation: Political Analysis of Change in Environmental Policy Instruments
著者 風間, 規男
著者(ヨミ) カザマ, ノリオ
著者(その他) Kazama, Norio
所属 同志社大学政策学部教授
刊行物名 同志社政策研究
Doshisha University Policy Studies
2
開始ページ 46
終了ページ 62
刊行年月日 2008-03-15
内容記述 本稿は、EUにおいて「新しい環境政策手法」や「共同規制メカニズム」が導入された経緯を分析することで、これらの手法が「ガバナンス」と言われる状況に対応するものであり、環境政策をめぐるアクターの関係性を意識的に形成することを目指したコンテクスト志向の政策展開がみられることを明らかにした上で、この規制から自主規制への大きな政策手法の転換が、政治学で展開されている権力論からどのように分析することができるのかを考察したものである。
論説(Article)
主題 ガバナンス
規制
自主規制
環境政策
政策手法
権力論
フーコー
EU
共同規制メカニズム
コンテクスト志向の政策手法
日本十進分類法 519.1
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社政策研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10215530/?lang=0