こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:2522019-12-11 02:48 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011366

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
0200081-8206 pdf  126. KB  3,378

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 13835
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011366
タイトル 複合動詞「Vかかる」「Vかける」の文法化―構文の成立とその拡張
タイトル(ヨミ) フクゴウ ドウシ V カカル V カケル ノ ブンポウカ コウブン ノ セイリツ ト ソノ カクチョウ
タイトル(その他) The grammaticalization of Japanese inchoative markers, V-kakar and V-kake: The emergence of construction and its extension
著者 菊田, 千春
著者(ヨミ) キクタ, チハル
著者(その他) Kikutai, Ciharu
所属 同志社大学文学部英文学科教授
刊行物名 同志社大学英語英文学研究
Doshisha studies in English
81-82
開始ページ 115
終了ページ 165
刊行年月日 2008-03
内容記述 論文(Article)
注記 81・82合併号
日本十進分類法 835
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社大学英語英文学研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00960310/?lang=0