こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:402019-10-17 19:45 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011315

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
027000460006 pdf  517. KB  875

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 13756
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011315
タイトル 維持期脳血管疾患者が目標とする歩行能力
タイトル(ヨミ) イジキ ノウケッカン シッカンシャ ガ モクヒョウ ト スル ホコウ ノウリョク
タイトル(その他) Target value of mobility capability for chronic stroke survivors in the gait-based rehabilitation
著者 坂井, 智明
著者(ヨミ) サカイ, トモアキ
著者(その他) Sakai, Tomoaki
所属 同志社大学社会学部産業関係学科講師(有期)
刊行物名 同志社保健体育
Doshisha Journal of Health and Sport Sciences
46
開始ページ 79
終了ページ 87
刊行年月日 2008-03-01
内容記述 研究(Research Work)
脳血管疾患者に対する地域リハビリテーションでは、さまざまな場所でプログラムが立案され,実践されている。そのようなプログラムを円滑に遂行し、効果を得るためには、参加者に何らかの目標を提示することが重要である。ところが、今日のリハビリテーションにおいてそのような目標値はほとんど提示されていない。そこで本研究は、維持期脳血管疾患者に対する移動能力のトレーニングにおける目標値について検討することを目的とした。対象者は、1)自立歩行が可能なこと、2)発症後1年以上経過していること、3)脳血管疾患を再発していないこと、4)重度の失語、失行、失認、痴呆、感覚障害がない維持期脳血管疾患者97名(すべて男性)であった。対象者の移動能力と日常生活調査を評価した。移動能力は、維持期脳血管疾患者でも測定可能なUp & Go、10 m歩行時間,3分間歩行距離を用いて、日常生活調査はNouri and Lincolnが開発した質問紙を用いた。全対象者の移動能力は、Up & Go16.7±9.1秒、10 m歩行時間17.2±9.7秒、3分間歩行距離119.3±62.9 m であった。日常生活活動は、移動4.2±1.9点、炊事2.8±1.6点、家事2.7±1.9点、余暇活動3.2±1.5点であった。次に日常生活調査の移動項目の自立度を用いて、日常生活活動と移動能力との関係をみると、移動項目が1点変わるとUp & Goと10 m歩行時間がおよそ4秒、3分間歩行距離がおよそ20 m増減することが明らかになった。よって、この数値が維持期脳血管疾患者の移動能力に関する目標値にすることが妥当と考えられた。
There were not the long-term goals in the gait-based rehabilitation for chronic stroke survivors. The purpose of this study was to determine the target value of the gait-based rehabilitation. The subjects were 97 male chronic stroke survivors with mild to moderate hemiparesis (age: 64.3±10.1 yrs). All Subjects had to meet the following inclusion criteria: (1) first stroke resulting in hemiplegia; (2) at least 1 year post-stroke; (3) able to walk independently; and (4) free from grave aphasia, apraxia, agnosia, or disequilibrium. The outcome measurements were three functional fitness tests, which were Up & Go, 10 m walking time, and 3 min walking distance, and questionnaire in activities parallel to daily living (22 items). The results of the functional fitness tests, Up & Go was 16.6±9.2 sec,10 m walking time was 17.4±10.1 sec,3 min walking distance was 120.0±62.5 m. In addition, regarding the questionnaire, mobility (6 items),kitchen (5 items), domestic (5 items), and leisure abilities (6 items) were 4.2±1.6, 2.8±1.6, 2.7±1.9, and 3.2±1.5 point, respectively. According to the results of the functional fitness tests and questionnaire, it was suggested that the long-term goal were improved someone's ability to walk: Up & Go was approximately 4.0 sec,10 m alking time was 4.0 sec,and 3 min walking distance was 20 m.These findings revealed that three functional fitness test items should be useful index of the target value of gait training.
主題 chronic stroke survivors
activities parallel to daily living
mobility capability
target value
日本十進分類法 780.18
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社保健体育
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00960337/?lang=0