こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:222020-04-01 08:04 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011300

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
006010030003 pdf  631. KB  65

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 13740
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011300
タイトル 南摩綱紀『環碧樓遺稿』散文之部譯注 (一) 「内國史略序」
タイトル(ヨミ) ナンマ ツナノリ カンペキロウ イコウ サンブン ノ ブ ヤクチュウ 1 ナイコク シリャク ジョ
タイトル(その他) Translation and Notes of "Preface of Naikokushiryaku (Brief History of Japan)"(From Namma Tsunanori "Kampekilo Iko" vol.4
著者 副島, 一郎
著者(ヨミ) ソエジマ, イチロウ
著者(その他) Soejima, Ichiro
所属 同志社大学言語文化教育研究センター
同志社大学言語文化教育研究センター准教授
刊行物名 言語文化
Doshisha Studies in Language and Culture
10
3
開始ページ 515
終了ページ 530
刊行年月日 2008-01-20
内容記述 翻訳(Translation)
明治時代の漢學者であり、教育界の重鎭であつた南摩綱紀の遺稿集から「内國史略序」を選んで校訂および譯注を作成したもの。明治初年における教育精神と漢學者との關係が窺へる興味深いものである。
南摩綱紀是日本明治時代的漢學家,並且是箇博得聲望的教育家。本文是對其《還碧樓遺稿》裡的一片文章《內國史略序》進行校訂,加以註釋和日文翻譯的。《內國史略序》代表著明治時代初期的教育精神,是讓我們能夠了解漢學家和明治時代教育的關係的。
注記 訳:副島一郎
主題 南摩綱紀
環碧樓遺稿
内國史略
日本十進分類法 919
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 言語文化
言語文化
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00952232/?lang=0