こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:962020-04-09 05:55 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011153

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
006010010001 pdf  642. KB  824

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 13584
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011153
タイトル 寺田透の徳田秋声観
タイトル(ヨミ) テラダ トオル ノ トクダ シュウセイ カン
タイトル(その他) Toru Terada' s view of Shusei Tokuda
著者 井田, 琇穂
著者(ヨミ) イダ, ヒデホ
著者(その他) Ida, Hideho
所属 同志社大学言語文化教育研究センター教授
刊行物名 言語文化
Doshisha Studies in Language and Culture
10
1
開始ページ 1
終了ページ 21
刊行年月日 2007-08-25
内容記述 論文(Article)
本論文で、寺田透(1915-1995)が徳田秋声(1871-1943)をどのように見たかということと、さらに、寺田の文学的な立場とを扱った。徳田の晩年の二作品(<仮装人物>と<縮図>)に、寺田は愛欲の濃さと悶えとを見、徳田を非知識人と規定した。寺田がこの徳田秋声論を発表した頃、彼自身、離婚と再婚とを体験した。寺田自身、生活の同伴者との関係に悩んだ。本論文は、寺田の徳田への共感と、寺田自身の個人的な生活との関係を扱った。さらに、文学作品の受容の問題を見た。
In this article the author dealt with what Toru Terada (1915-1995) thought of Shusei Tokuda (1871-1943) and also with Terada's own literary position. Terada made clear in Shusei's later novels (<Kaso-jinbutsu [A Disguised Person]> and <Shukuzu [A Microcosm of Human Life]>)the agony caused by insatiable lust and also thought that Shusei was a non-intellectual. When he published his article on Shusei Tokuda, Terada himself got divorced and also got remarried -- he himself worried about a relationship with his partner. This article showed a relationship between Terada's sympathy for Shusei Tokuda and his own personal life. Moreover, it dealt with how a literary work was understood by its readers.
主題 literary criticism
Japanese literature
novels
日本十進分類法 910.268
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 言語文化
言語文化
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00952232/?lang=0