こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:572020-04-01 07:10 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011091

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
040000010009 pdf  359. KB  203

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 13172
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011091
タイトル 公立学校における生徒のビラ配布の自由と修正第1条 ― Heinkel v. School Board of Lee County事件判決を素材として
タイトル(ヨミ) コウリツ ガッコウ ニオケル セイト ノ ビラ ハイフ ノ ジユウ ト シュウセイ ダイ 1ジョウ : Heinkel v. School Board of Lee County ジケン ハンケツ オ ソザイ トシテ
著者 大島, 佳代子
著者(ヨミ) オオシマ, カヨコ
著者(その他) Oshima, Kayoko
所属 同志社大学政策学部教授
刊行物名 同志社政策研究
Doshisha University Policy Studies
1
開始ページ 108
終了ページ 116
刊行年月日 2007-03-15
内容記述 研究ノート
合衆国連邦最高裁は、1969年にTinker裁判において、公立学校における生徒の表現にも修正第1条の保護が及ぶことを認めた。しかし、それは成人とまったく同程度に認められるものではなく、規制に対する合憲性の判断に際しては、教育環境という特別な状況が考慮される。そこで実際には、学校関係当局はさまざまな規制を行なってきている。本稿は、比較的最近出された連邦控訴審レベルの一事例の紹介を通して、公立学校における生徒の表現の自由について、若干の考察を試みるものである。
主題 生徒の権利
表現の自由
修正第1条
日本十進分類法 316.1
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社政策研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10215530/?lang=0