こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:2002020-07-09 15:18 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011065

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
006009030001 pdf  213. KB  242

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 13070
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011065
タイトル 日本語における文タイプとその成分 : 第八部 「は」と「が」
タイトル(ヨミ) ニホンゴ ニオケル ブン タイプ ト ソノ セイブン : ダイ8ブ ワ ト ガ
タイトル(その他) A study of some sentence types in Japanese and of their constituents part eight : wa and ga
Etude de quelques types de phrases japonaises et de leurs constituants Huitième partie : wa et ga
日本語における文タイプとその成分 : 第8部はとが
著者 西田, 稔
著者(ヨミ) ニシダ, ミノル
著者(その他) Nishida, Minoru
所属 同志社大学言語文化教育研究センター教授
刊行物名 言語文化
Doshisha Studies in Language and Culture
9
3
開始ページ 417
終了ページ 507
刊行年月日 2007-01-20
内容記述 本論「日本語における文タイプとその成分」は「文」についての研究から始まっている。そして、「文」に対してソシュールの言うラングとパロルの二つの視点から二重の定義を与え、その捉え方を日本語を材料として検証することを目標としている。その過程で相(アスペクト)と態(ヴォイス)(第三部)・様相(モダリティ)(第四部)・品詞(第五部)・格(第六部)などの検討がなされたが、第七部では日本語文の基本的構成が用言文と体言文の二つのタイプとして定式化された。この第八部はそれにもとづきながら「は」と「が」の機能について考察している。ここでもソシュールの連辞関係と連合関係の話題に大きな示唆を得ながら、「は」には<枠=係り助詞>、「が」には<指定=連用助詞>としての性格を見出している。さらに、体言の二項関係を構成する場合には、「は」と「が」がともに<連結助詞>として機能しながら対極的な働きをすることが観察されている。これらの点を踏まえながら、本稿の主要な部分は「は」と題(=主題・題目)をめぐるさまざまな問題を扱っている。
注記 論文(Article)
主題 Japanese syntax
particle wa
particle ga
日本十進分類法 815
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 言語文化
言語文化
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00952232/?lang=0