こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:622020-04-01 08:59 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011064

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
006009020009 pdf  40.8 KB  242

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 13069
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011064
タイトル 河村民部著 『「岬」の比較文学:近代イギリス文学と近代日本文学の自然描写をめぐって』 (2006年刊、 335頁)
タイトル(ヨミ) カワムラ ミンブ チョ ミサキ ノ ヒカク ブンガク : キンダイ イギリス ブンガク ト キンダイ ニホン ブンガク ノ シゼン ビョウシャ オ メグッテ 2006ネン カン 335ページ
タイトル(その他) Minbu Kawamura, Comparing Literary Use of a Promontory: Descriptions of Nature in the English and Japanese Literature of Modern Times
著者 能口, 盾彦
著者(ヨミ) ノグチ, タテヒコ
著者(その他) Noguchi, Tatehiko
所属 同志社大学言語文化教育研究センター
同志社大学言語文化教育研究センター教授
刊行物名 言語文化
Doshisha Studies in Language and Culture
9
2
開始ページ 405
終了ページ 415
刊行年月日 2006-12-31
内容記述 書評(Review)
日英比較文学の分野で本書が果たした貢献は、「岬」に焦点を与え、斬新で独創的な解釈を下したことにあろう。ワーズワース等の浪漫派の詩を専門とする筆者が、近代英国文学に見られる中性化されかつ精神主義化された西洋文学全般を支配する自然観及びその描写に対して、エロスを内包する近代日本文学の自然観とその描写に注目し、日本文学における「岬」は<近親相姦>を招来させるトポスとして機能しているとの命題は、極めて暗示的効果を有し、斬新な分析は知的好奇心をそそる。
主題 Minbu Kawamura
promontory
incest
日本十進分類法 901.9
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 言語文化
言語文化
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00952232/?lang=0