こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1272020-04-07 01:28 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011056

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
006009020001 pdf  64.8 KB  400

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 13061
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011056
タイトル ニーチェと映画的思考
タイトル(ヨミ) ニーチェ ト エイガテキ シコウ
タイトル(その他) Nietzsche and cinematographic thinking
Nietzsche und das kinematografische denken
著者 高木, 繁光
著者(ヨミ) タカギ, シゲミツ
著者(その他) Takagi, Shigemitsu
所属 同志社大学言語文化教育研究センター助教授
刊行物名 言語文化
Doshisha Studies in Language and Culture
9
2
開始ページ 189
終了ページ 212
刊行年月日 2006-12-31
内容記述 論文(Article)
技術時代の到来とともに、その特性である反復性・コピー性を核として形成されたニーチェの思想は、複製技術の芸術として誕生した映画のあり方、コピー、仮象、フェイクといった言葉で特徴づけられるそれと密接に結びついている。他者を演じること、本体を欠いた仮面・仮象となることによって、もはや単一の<私>ではなく、スクリーンに投影される無数のイメージの交替のような複数の<私>への変容を生きるニーチェ的主体は、多様な仮面のもとでの無名の民衆の反復回帰を舞台化して見せるオリヴェイラ、ロッセリーニ、ルノワールらの作品において、その反復性をとおして民衆のチャップリン的逞しさを表現するものとして現れる。ニーチェが未来の芸術の可能性を民衆の言葉の音楽性の自由な駆使に見たことに呼応するように、無名の民衆を主人公とするこのニーチェ的仮面劇が、何よりも民衆の言葉の響きを聴かせるという聴覚性に重点をおくものとして構想されていることは、これらの作家が映画という媒体と深く関わることをとおして、意識的にせよ無意識的にせよ、映画的思考の先駆者としてのニーチェと深く結ばれていったことを示している。
Entstanden als Kunst der Reproduzierbarkeit ist die Filmkunst geprägt von Begriffen wie Schein, Verstellung, Double, die auch in Nietzsches Denken eine entscheidende Rolle spielen. Das Subjekt der ewigen Wiederkehr verwandelt sich stetig wie ein Schauspieler. Solch ein plurales Ich zeigt sich bei den Helden der Filme von Oliveira, Rossellini, Renoir. Sie bringen die Wiederkehr des anonymen Volkes auf die Bühne des Maskenspiels und demonstrieren durch diese Wiederholung die Chaplin'sche Zähigkeit des Volkes. Eine wichtige Rolle spielen dabei die akustischen Elemente, die vom Volk wiederholt zum Gehör gebracht werden. Auch Nietzsche sieht die Möglichkeit der zukünftigen Kunst im freien Gebrauch der ,,Volkssprache der Musik“, die voll von Lust an die Maske ist. Dass Oliveira, Rossellini, Renoir, Sirk usw. das Kino als Volkskunst konzipiert haben, wo die Töne und den Rhythmus der Volkssprache zu hören sind, weist darauf hin, dass sie im Lauf der Auseinandersetzung mit dem Kino, bewusst oder unbewusst, immer tiefer mit Nietzsche als Vorläufer des kinematographischen Denkens in Verbindung stehen.
主題 Nietzsche
Oliveira
Rossellini
Sirk
日本十進分類法 778
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 言語文化
言語文化
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00952232/?lang=0