こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:362019-10-17 19:42 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011055

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
027000450005 pdf  424. KB  26

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 13060
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011055
タイトル The effects of average KR schedule and decided movement rhythm on learning of timing
タイトル(その他) 平均KRスケジュールと決められた動作リズムがタイミング学習に及ぼす影響
ヘイキン KR スケジュール ト キメラレタ ドウサ リズム ガ タイミング ガクシュウ ニ オヨボス エイキョウ
著者 Ishikura, Tadao
著者(その他) 石倉, 忠夫
イシクラ, タダオ
所属 同志社大学経済学部助教授
刊行物名 同志社保健体育
Doshisha Journal of Health and Sport Sciences
45
開始ページ 71
終了ページ 87
刊行年月日 2007-03-01
内容記述 研究の目的は、タイミング動作パターンの習得と学習における平均フィードバックの長さと決められた動作リズムの影響を検討することであった。この研究において、課題は5つの動作構成からなった:(1)スタートボタンを押す、(2)初めの板を倒す(3)2番目の板を倒す(4)3番目の板を倒す(5)ストップ(ゴール)ボタンを押す。被験者には1200msecの目標タイムが課せられた。被験者は300msecの時間間隔で5つのサブ動作を終えるか(決められた課題)、自分の時間間隔で終えるか(フリー課題)の何れかを行った。そして、被験者は100% KR, 3-trial average KR, 5-trial average KRのいずれかの条件でフィードバックが与えられた。結果から、決められた動作リズムはタイミング動作パターンの習得に遅れが見られた。そして、3-trial average KRはタイミング動作パターンの習得に適切であったことが示された。
The purpose of the study was to examine the effects of average feedback length and decided movement rhythm on the acquisition and retention of timing movement patterns. In this study, the task consisted of five movement components (submovements): (1) press a starting button, (2) knock down first barrier, (3) knock down second barrier, (4) knock third barrier, and (5) press a stop (goal) button. The goal movement time for the subjects to complete the five submovements was 1200 ms. The subjects were requested to finish the five submovements either with a 300-ms fixed interval (decided task), or a self-determined interval (free task), between any two submovements. The subjects were provided either 100% KR, or 3-trial average KR, or 5-trial average KR, depending on the conditions. The results indicate that the decided movement rhythm led to a delay in the acquisition of timing movement patterns. The author claims that the average of three trials associated with KR after every trial tended to be an appropriate length for the acquisition of timing movement patterns; however, there is little support from the data.
主題 average KR
rhythm
timing movement pattern
日本十進分類法 780.193
本文言語 English (英語)
カテゴリ 同志社保健体育
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00960337/?lang=0