こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1242019-10-16 13:52 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011052

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
027000450002 pdf  1.02 MB  528

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 13057
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011052
タイトル スポーツ選手の資質の検討における骨密度測定の可能性 (そのII)
タイトル(ヨミ) スポーツ センシュ ノ シシツ ノ ケントウ ニオケル コツミツド ソクテイ ノ カノウセイ ソノ 2
タイトル(その他) Proposed Application of a Bone Density Measurement to the Evaluation of Athletes' Talent (II)
著者 田淵, 和彦
藤澤, 義彦
著者(ヨミ) タブチ, カズヒコ
フジサワ, ヨシヒコ
著者(その他) Tabuchi, Kazuhiko
Fujisawa, Yoshihiko
所属 同志社大学工学部名誉教授 田淵和彦
同志社大学商学部教授 藤澤義彦
刊行物名 同志社保健体育
Doshisha Journal of Health and Sport Sciences
45
開始ページ 21
終了ページ 36
刊行年月日 2007-03-01
内容記述 優秀な競技選手を発掘するためには、体力・運動能力等の各種測定が広く用いられている。しかし,ヨーロッパ諸国では骨の発育状態等に注目して選手発掘を行っていることは周知の事実である。このようにスポーツ選手の骨密度等を測定し競技と骨の関係を見ることは、非常に有効であると考えられる。他方、中高年者を対象に実施し、大学生時代のスポーツ競技経験がその後の骨密度にどのような影響を与えるかを知ることも「スポーツと骨密度」の関係を検討する上で、貴重な資料となると考える。今回は、新しい超音波骨密度測定装置LD100を使用し、50歳以上の元スポーツ競技経験者および50歳以上のスポーツ競技未経験者の男性の骨密度を比較した。元スポーツ競技経験者の骨密度(Bone density)は、非競技経験者より良好と考えられた。しかし、弾性定数(elasticity)は両者とも同様の値を示した。次に年代別の骨密度をみたが、元スポーツ競技経験者は橈骨厚(thickness of radius)と皮質骨厚(thickness of cortical bone)は、加齢と共に減少したが、海綿骨骨量体積比(volume fraction of cancellous bone)は変化しなかった。非競技経験者の骨密度は、50歳代から60歳代にかけて減少したが、60歳代から70歳代にかけては変化しなかった。両者を比較したばあい、50歳代では明確な差はみられなかったが、60歳代から両者に有意な差が確認され、元競技経験者の骨密度が優秀であることが判明した。次に各測定値間の相関関係をみたところ、非競技経験者は各項目間に有意を示し、骨量、骨密度にバランスが取れていると思われた。それに反して元スポーツ競技経験者は、非競技経験者ほど高い相関は示さなかった。特に皮質骨厚と海綿骨弾性定数には有意な関係はみられなかった。今回の検討の結果みられた骨量や骨密度の加齢よる変化が、過去の運動経験によるものか否かを現時点で判断することは困難であるが、成壮年期のスポーツ・トレーニングを含んだ生活形態が骨形成に何らかの影響を与えていることと考えてもよいのかもしれない。
Various methods to measure physical power and athletic ability, etc. are generally used in order to determine good athletes. However, European counties, as well known, rather focus on the development and condition of the bones of the athletes for the same purpose. It is considered quite effective to observe the relations between sports and bones by measuring the bone density of the athletes. It is a piece of valuable information in the study of the relation between sports and bone density to know how one's athletic experience during the college years will affect his bone density in later life by conducting the same methods to the middle-aged or senior people. In this study, we compared the bone density of males over 50 years old who was “Ex-athletes" and those who were “Non-athletes" by using a newly developed ultrasonic bone mineral densitometry, LD100. As a result, Ex-athletes had higher density than Non-athletes. However, both groups showed the same results in elasticity. We also studied the bone density of various age groups, the thickness of radius and cortical bones of Ex-athletes have declined as aging, but their volume fraction of cancellous bone remained the same. In case of Non-athletes, the bone density has declined in their 50s, but stabilized between their 60s and 70s. Comparing these results of Ex-athletes and Non-athletes, no clear difference has been detected in their 50s, but in their 60's a clear difference was observed which is that Ex-athletes showed better results in bone density. Based on the correlation between each value, however, Non-athletes had better results and therefore a good balance between the bone density and volume. On the contrary, Ex-athletes did not show such high correlation. Especially, there was no correlation observed between thickness of cortical bone and elasticity of cancellous bone. It is difficult to conclude at this stage that athletic experience in early life plays a major role in bone volume and density that change due to aging as observed in our study. However, it may be said that life styles including sports training in one's early life more or less influence the development of his bone.
主題 骨密度, Bone Mineral Density
超音波, Uitrasonic
海綿骨弾性定数, Elasticity of Cancellous Bone
日本十進分類法 780.18
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社保健体育
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00960337/?lang=0