こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:642019-12-16 17:41 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000011020

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
037000090004 pdf  736. KB  63

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 13024
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000011020
タイトル 大川遺跡第1次調査出土の縄文時代早期の剥片石器
タイトル(ヨミ) オオコイセキ ダイイチジチョウサ シュツド ノ ジョウモンジダイ ソウキ ノ ハクヘンセッキ
著者 吉村, 駿吾
著者(ヨミ) ヨシムラ, シュンゴ
著者(その他) Yoshimura, Shungo
刊行物名 同志社大学歴史資料館館報
Museum Report
9
開始ページ 22
終了ページ 29
刊行年月日 2006-09-30
内容記述 1957年に酒詰仲男・岡田茂弘両氏によって行われた大川遺跡第一次調査出土の剥片石器を再整理し、資料紹介を行った。再整理にあたっては注記と出土出土層位の対応関係を把握し、それが明らかな資料のみを取り扱った。剥片石器の総数は117点であり、器種ごとにみると石錘1点、石鏃の失敗品である可能性が高いもの3点、楔形石器14点、チップ9点、剥片69点、R.F4点、M.F.15点、石核2点である。ただし、この器種組成は資料の状態や風化の浅いものが若干混じることを考慮すると実際を反映しているとは考えにくい。ただし再整理の結果、剥片石器の分布は礫群とほぼ一致すること。また石材に関してはサヌカイトにほば限定されることが確認された。また、楔形石器が一定量出土していたため、若干の考察を行い、厚さが素材選択の一要素となっていた可能性を指摘した。
主題 大川遺跡
剥片石器
楔形石器
日本十進分類法 216.5
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社大学歴史資料館館報
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00952385/?lang=0