こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:742018-11-18 19:49 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000010972

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
019008010002 pdf  3.23 MB  1,391

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 12958
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000010972
タイトル 中国の戸籍制度と労働力管理政策について ― 沿海部進出企業における労働移動の実態 ―
タイトル(ヨミ) チュウゴク ノ コセキ セイド ト ロウドウリョク カンリ セイサク ニ ツイテ : エンカイブ シンシュツ キギョウ ニオケル ロウドウ イドウ ノ ジッタイ
タイトル(その他) The Family Registration System and Policy of Manpower Control in China ― Current Condition of Labor Immigration at Companies in Coastal Areas ―
著者 堀井, 敬太
著者(ヨミ) ホリイ, ケイタ
著者(その他) Horii, Keita
所属 同志社大学大学院総合政策科学研究科博士課程(前期課程)2006年3月修了
刊行物名 同志社政策科学研究
Doshisha University policy & management review
8
1
開始ページ 11
終了ページ 30
刊行年月日 2006-07-25
内容記述 論説(Article)
グローバル化する経済活動において“世界の工場"中国の存在感は日増しに高まっており、周知のように現在では世界有数の輸出大国の仲間入りを果たしている。この経済発展を遂げるにあたり、工業先進地域である沿海地域への労働力の供給は不可欠であるが、中国にはこの労働力供給を阻害している戸籍制度と呼ばれる“人の移動規制"たるものが存在している。すなわち、これは安く豊富な労働力の提供を促進したいという側面と、都市発展に際した無尽蔵な人口流入を避けたい―都市部の治安維持、健全な発展の為、という2つの意図を同時に解決する為の政府の政策的介入であり、経済発展の各フェーズにおいて労働力管理政策としての戸籍制度にもある程度の変革があったことが予想されるのである。このように本稿では労働力管理政策としての戸籍制度が経済発展に応じてどのように変遷してきたのかを考察するとともに、戸籍制度の実態を浮き彫りにすることを主たる目的としている。具体的なアプローチ方法としては、先行研究・関連文献による研究の他、中国山東省での現地調査、日本企業を通じての現地進出企業からのヒアリング・アンケート調査を行い、より詳細な実態把握に努めた。ヒアリング・アンケート調査では経済特区や上海市等の沿海開放都市に実際に進出している企業にとって、戸籍制度は企業が人材を確保する上でマイナス要素であるのか、また経済活動に障害を与えているのか否かという企業側からの視点により戸籍制度の影響について考察している。 また、本稿では労働移動の対象として単純労働者(ワーカー)を議論の中心に扱っており、戸籍移転手続きに若干の有利さがある技術職・ホワイトカラーに関しては事情が異なることを先述しておく。
In globalizing economics, importance of world factory, China, has been increasing, and as is commonly known, it has become one of the leading large-scale exporters in the world. With regard to the achievement of this economic development, supply of labors to coastal area is essential. However, in China, the restriction of the transfer of personnel called the family registration system exists, and it prevents from manpower supply. More specifically, this is political intervention by government, which aims at an accomplishment of following two purposes: 1) promotion of provision of lower-cost and plentiful labor, and 2) avoidance of population inflow in the process of development of the city, that is to say, maintenance of security in urban area and sound development. From that point of view, it is expected that there was a certain degree of innovation in family registration as the policy of manpower control at each phase of economic development. The purposes of this paper are to consider how the transition of family registration as the policy of manpower control changes depending on economic development and to reveal the actual condition of it. For those purposes, the author carried out two kinds of surveys: 1) field investigation in Shantong in China, 2) interview and questionnaire survey covering the companies which made an advance into relevant region. Interview and questionnaire survey revealed the family registration system's influence from the perspective on whether the system has negative implications or not when the companies which actually make an advance into open city in coastal area such as Shanghai secure human resources, and whether the system interferes with economic circumstances or not. Also note that this paper focused on unskilled workers as the subjects of labor movement and discussed about them, and the situation of technical personnel or white-collared workers who have an advantage in removal of family registration is different from that of unskilled workers'.
主題 中国
戸籍制度
労働力移動
経済活動
都市戸籍
農村戸籍
規制
大都市
労働集約
ワーカー
単純労働
日本十進分類法 324.922
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社政策科学研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00953026/?lang=0