こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:642020-04-01 08:23 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000010932

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
039000010007 pdf  232. KB  51

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 12755
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000010932
タイトル 人間探究☆ディジタルもアナログも
タイトル(ヨミ) ニンゲン タンキュウ ☆ ディジタル モ アナログ モ
著者 大森, 一樹
著者(ヨミ) オオモリ, カズキ
著者(その他) Omori, Kazuki
所属 大阪芸術大学芸術学部教授(Professor, Visual Concept Planning Department, Osaka University of Arts)
刊行物名 文化情報学
Journal of culture and information science
1
1
開始ページ 51
終了ページ 55
刊行年月日 2006-03-20
内容記述 講演
映画監督であり、かつ大阪芸術大学教授でもある大森一樹氏が、日頃の映画制作や大学での学生との関わりの中で体験したアナログ世界の重要性と、ディジタル技術の可能性について述べたもの。 情報化社会が急激に進む現代において、そのキーワードはディジタルデータであり、その対極におかれているのがアナログデータである。これらの異なったふたつのデータの最も大きな違いは、「情報量」の多さにあると、一般には言われている。小さなCDに大きなLPレコードの1.5倍の曲が入り、DVDはまさにその典型と言われる。 しかしアナログ時計の針は2本だが、そこから我々に提供してくれる情報は無限にあり、LPレコードにもCDで表現できないたくさんの情報が含まれている。瀬戸内海に沈む夕日の映像は、そこへ行かなくてもパソコンで簡単につくることができるが、それは単に「絵」が出来ただけのことで、実際の瀬戸内海に沈む夕日には時間も風も匂いもある。アナログ情報には、そういった二度と同じことの繰り返されることのない一瞬をとらえたリアリティが含まれているのである。 これからもディジタル化社会は進んでいくだろうが、重要なことは、それぞれのもつ有効性と可能性と大事なところを意識して、どちらかではなく、どちらもという視点である。それがこれからの本当の意味でのディジタル社会ではないかと思う。
主題 情報化社会
ディジタル化社会
ディジタル
アナログ
情報
人間
限界
可能性
日本十進分類法 007.1
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 文化情報学
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10166425/?lang=0