こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:622020-08-09 18:38 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000010928

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
039000010003 pdf  215. KB  60

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 12751
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000010928
タイトル Some Properties of Vice Versa: A Corpus-based Approach
著者 Yamauchi, Nobuyuki
著者(その他) 山内, 信幸
ヤマウチ, ノブユキ
所属 同志社大学文化情報学部教授(Professor, Faculty of Culture and Information Science, Doshisha University)
刊行物名 文化情報学
Journal of culture and information science
1
1
開始ページ 9
終了ページ 15
刊行年月日 2006-03-20
内容記述 The aim of this paper is explore some syntatic, semantic, and pragmatic properties of vice versa in English through the use of corpus-based data. Assuming that vice versa is a kind of sentential anaphora, I will maintain that (a) vice versa occurs in a simple sentence with a coordinate conjunction followed, (b) there is an antecedent of it in the preceding sentence or clause (or, sometimes, context), and it holds an anaphoric relation to preceding sentence or clause (or, sometimes, context), and (c) it behaves as the interchange of items in the sentence differently from other sentential anaphors.
注記 研究論文
主題 vice versa
anaphora
anaphor
corpus
English
日本十進分類法 801
本文言語 English (英語)
カテゴリ 文化情報学
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10166425/?lang=0