こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1302020-08-09 18:15 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000010927

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
039000010002 pdf  232. KB  442

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 12750
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000010927
タイトル Welsh Nationalism and Cultural Identity
著者 Taguchi, Tetsuya
著者(その他) 田口, 哲也
タグチ, テツヤ
所属 同志社大学文化情報学部教授(Professor, Faculty of Culture and Information Science, Doshisha University)
刊行物名 文化情報学
Journal of culture and information science
1
1
開始ページ 1
終了ページ 7
刊行年月日 2006-03-20
内容記述 本論考は政治学と比較文化論の立場からウェールズのナショナリズムについて考察したものである。ナショナリズムを一般的に定義するのではなく、むしろナショナリズムがどのように形成されるのか、そのメカニズムを、ウェールズをケース・スタディーの対象に選んで分析したが、とりわけ冷戦後のヨーロッパの政治的状況の激変、今日のグローバリズムの先駆けであるイギリス帝国主義政策ノイデオロギー的支柱となった「英国化」の本質、さらに言語と文化的アイデンティティーの関係の3つをウェールズという文化的磁場に集約させる形で議論を展開させている。
This article aims at elucidating the nature of Welsh nationalism in terms of politics and cultural discourse. Rather than defining nationalism in abstract terms, the article concentrates on clarifying the mechanism of how it is formed, taking Wales as an example. It also takes into consideration: 1) the dramatic changes of European political situation in the post-cold-war era, 2) the concept of Anglicization as the ideological support to the management of the British Empire which can be regarded as the model of today's globalization, and 3) the relationship between language and cultural identity.
注記 研究論文
主題 Wales
Nationalism
Culture
Identity
日本十進分類法 233.5
本文言語 English (英語)
カテゴリ 文化情報学
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10166425/?lang=0