こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:152018-09-18 22:58 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000010410

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
019007010015 pdf  76.4 KB  54

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 11978
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000010410
タイトル 鉄道産業におけるモラールの日中比較 ― 事故、苦情を中心に ―
タイトル(ヨミ) テツドウ サンギョウ ニオケル モラール ノ ニッチュウ ヒカク ジコ クジョウ オ チュウシン ニ
タイトル(その他) The Japanese-Chinese comparison of Fighting Spirit in Railroad Industry : Mainly on Accident and Complaint
著者 宋, 勝
著者(ヨミ) ソウ, ショウ
著者(その他) Sheng, Song
So, Sho
所属 同志社大学総合政策科学研究科博士課程(後期課程)
刊行物名 同志社政策科学研究
Doshisha University policy & management review
7
1
開始ページ 233
終了ページ 242
刊行年月日 2005-12-10
内容記述 研究(Note)
経営資源の中で「無形」の資源とも言われる情報的資源の位置づけは非常に重要である。また、情報的資源の内容は「環境情報」、「企業情報」、「情報処理特性」からなるとされて、その中でも「情報処理特性」の役割は決定的であり、そこにおけるモラール(士気、やる気)の要素は中核的存在である。モラールはいわば情報処理特性、情報的資源ないし経営資源における鍵のような存在である。 本稿では「モラール」の観点から日中鉄道産業を比較しながら、中国鉄道におけるモラールの現状及び欲求階層説による現段階の階層を究明したい。第2章では情報的資源・情報処理特性・モラールの三者の関係を明らかにし、第3章ではモラールの測定法を紹介した後、事故・苦情と言った鉄道色を帯びた項目を選び、中国鉄道におけるモラールの現状を究明したい。分析の結果は中国鉄道産業におけるモラールレベルはまだ高くなく、モラールアップには新たな政策措置や管理方法が必要だとしている。
主題 経営資源
情報的資源
モラール
鉄道産業
中国鉄道
事故
苦情
日本十進分類法 686.222
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社政策科学研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00953026/?lang=0